謎に包まれたBMW製プロトタイプエンジンが登場 同メーカー初となる個人ショップ製作のカスタムバイクに搭載

BMWのプロトタイプエンジンを搭載したカスタムバイク「Departed」(写真:CHOPPER Journal)
BMWのプロトタイプエンジンを搭載したカスタムバイク「Departed」(写真:CHOPPER Journal)
アルミの板から叩き出したガソリンタンク(写真:CHOPPER Journal)
アルミの塊から削りだされた26インチのホイール(写真:CHOPPER Journal)
アルミの板から叩き出したシングル・シート(写真:CHOPPER Journal)
シンプルにまとめられたハンドル周り(写真:CHOPPER Journal)
“カスタムワークスZON(ゾン)”製作のカバーが装着されたBMWのプロトタイプエンジン(写真:CHOPPER Journal)
キャブレターはイタリアのデロルト製を装着(写真:CHOPPER Journal)
フロントフォーク・カバーの中にサスペンションを装着(写真:CHOPPER Journal)
フロントブレーキ・キャリパーはイタリアのカスタムテック製を選択(写真:CHOPPER Journal)
BMWのプロトタイプエンジンを搭載したカスタムバイク「Departed」(写真:CHOPPER Journal)
プッシュロッドらしき存在が確認できるBMWのプロトタイプエンジン
この一台を製作した“カスタムワークスZON(ゾン)”吉澤雄一氏(右)と植田良和氏(左)(写真:CHOPPER Journal)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事