ヤマハ「SR400」カラーリングで振り返る~少しずつ現代化した時代・後編(2005年から2008年)~

SR400 ブルーイッシュホワイトカクテル1(2005年2月発売) ※車体色は継続しつつ、燃料タンクとリアカウルのピンストライプのカラーおよびサイドカバーのエンブレムが変更
SR400 ヤマハブラック(2005年10月発売) ※ヤマハ創立50周年記念モデル(500台限定)として初代SRと同じカラーリングに
SR400 ベリーダークオレンジメタリック1(2006年3月発売) ※ダルレッドメタリックD、ヤマハブラックも継続販売
SR400「YSP Black Special」 ヤマハブラック(2006年6月発売) ※エンジンや足まわりがブラックアウトされた専用の外装を装着(360台限定)
SR400 ベリーダークレッドメタリック2(2006年12月発売) ※ベリーダークオレンジメタリック1とヤマハブラックも継続販売
SR400 ブルーメタリックC(2008年2月発売) ※ベリーダークレッドメタリック2とヤマハブラックも継続
SR400「30th Anniversary Limited Edition」 ベリーダークグリーンメタリック1(2008年7月発売) ※SR生誕30周年記念モデル(500台限定)として、燃料タンクのサンバースト塗装や初代SR500風のタックロールシートなどの専用パーツを装備
SR400 ダルレッドメタリックD(2005年2月発売) ※SR史上初となるシルバー塗装フレームを採用
SR400 ヤマハブラック(2005年2月発売) ※車体色は継続しつつ、燃料タンクとリアカウルのピンストライプのカラーおよびサイドカバーのエンブレムが変更

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事