岩場も公道も走るオフロード競技 「エンデューロ」バイクの特徴とは?

JECが主催するオフロードバイク大試乗会は、国内外様々なメーカーが試乗車を用意。興味があればまず参加してみるのが近道
KTM「150EXC TPI」はフューエルインジェクションを搭載した2ストロークモデル。125cc以上、250cc未満を求めるライダーの要望に応えるモデル
カワサキから発売されている「KLX230R」は、公道走行可能な「KLX230」の兄弟モデル。国内で人気のクロスカントリー需要を踏まえて開発された
KTM「350EXC-F」は、4ストローク350ccのモトクロッサー「350SX-F」とベースエンジンを同じとしながらも、エンジン仕様や車体は異なり、エンデューロコース用に最適化されている
国内で唯一現行の2ストロークモデルをラインナップするヤマハの「YZ125X」は、フレームやキャブレターは最新型ではないものの、扱いやすく人気の車種
近年開催されているエンデューロレースでは、往年のトレールモデルやレーサーで出場するライダーの姿も。ヤマハ「DT」やホンダ「XR」、ヤマハ「セロー225」、スズキ「RMX」など現役レーサーに負けず劣らない激走を見せている
KTM「300EXC」は排気量300ccの2ストロークエンジンを搭載するエンデューロバイク。ハイパワーで大トルクを発生し、低速の粘りもあるエンジンはハードエンデューロで大人気

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事