前2輪の3輪スクーター ヤマハ「トリシティ155」を原二の125と比べてみると?

身長174cmの筆者がトリシティ155にまたがった状態。両足のかかとまで地面に接地する足つき性の良さ
ヤマハ「TRICUTY 155 ABS」(2020年型)
容量約23.5リットルのシート下トランク(2020年型の125も同様)
シート下トランクにはLED照明も装備
特徴的な形状のフルフェイスヘルメットもスッポリ収まるようになったシート下収納
ハンドル左側、スイッチボックス下にパーキングブレーキのレバーを装備(写真はOFFの状態)
ハンドル左側、スイッチボックス下にパーキングブレーキのレバーを装備(写真はONの状態)
多機能メーターパネルには「ECO」マークのインジケーターも装備する
ヤマハ「TRICITY 155 ABS」(2020年型)に乗る筆者(伊丹孝裕)
特徴的な形状のフルフェイスヘルメットもスッポリ収まるようになったシート下収納
排気量155ccの水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブエンジンを搭載する「TRICITY 155 ABS」は、「AT限定普通二輪免許」以上の二輪免許で運転可能な軽二輪スクーター

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事