S&Sサイクル「トランプ」 アメリカの老舗パーツメーカーの礎を築いたマシンに迫る

フロントブレーキレバーは旧車らしくハンドル左側にセット。クラッチは極端にバックステップ化された足元で操作するフットクラッチ方式となっています
エンジンはヘッドにS&Sフラットヘッドパワーを装着し、現代的にアップデート。2008年にS&S社からナックススタイルのコンプリートモーター、KNシリーズがリリースされています
往年の“TRAMP”と同じくヘッドにはRiley 製キャブをデュアルでセット。これをシンプルかつ高性能にすることによってS&Sの“Lキャブ”の開発に繋がっていったのは、まず間違いないでしょう
エンジンとミッションを繋ぐプライマリーはカバーを取り去り、チェーンを剥き出しでセット。ここは軽量化を狙ったモデファイだと思われます
シフトノブはミッションに直接、装着しているゆえ、ご覧の位置にセットされます。直線を走るドラッグレースや最高速を競うランドスピードレースを走る上では問題ない仕様です
マフラーも往年の“TRAMP”を再現したシンプルなドラッグパイプを装着。こうしたディテールを眺めるだけでもチョッパーの源流が感じ取れます
キャブが車体の右サイドに移設されているゆえ、ナックルエンジンの美しさがより際立つ形となったサイドビュー。スピードを追求した結果、自然なカタチでシンプルになった姿は今の時代に見てもクールです
S&Sの創業者であるジョージ“J”スミスのファミリーと当時のTRAMPの姿(写真提供:S&S Cycle)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事