高速道路のバイク料金ちょっと高くない?クルマと同料金の理由とは!?

ツーリングで高速道路を使う場合軽自動車と同じ料金は不思議です
バイクの高速料金が軽自動車と同じ理由
バイクは高速料金の見直しが進んでいる
NEXCOのツーリングプランを使えば通行料金が大幅に減額されます
ETC搭載の二輪車が利用できる「ツーリングプラン」は、2020年7月22日~2020年11月30日(北海道コースは10月31日まで)の期間で、高速道路が定額制で乗り放題となるプランとなっています。ツーリング需要を促すと同時に、各地の観光地やツーリングスポットを活性化させ、高速道路の利用推進を図ることを目的に登場しました。 利用条件はETC搭載の二輪車限定で、連続する最大2~3日間を対象エリアの高速道路の乗り降りが自由となります。事前の申し込みが必要となりますが、パソコンやスマートフォンでのネット申込みが可能で、「氏名」「ETCカード番号」「利用する二輪車の車両情報」を入力する必要があります。  今回のプランでは北海道、首都圏、中京圏、関西、四国、九州の各地のツーリングスポットを巡ることができる全19コースが設定されています。利用するプランによっては通常料金の半額程度になるので、浮いたお金で旅先での食事をいつもより豪華に楽しめそうです。  ちなみに、天候によってはツーリングが困難なこともあり、走行直前のキャンセルも可能となります。また、訪れる自治体によってはコロナウイルスの感染拡大防止のため、旅先の制限などもあるため、事前確認を忘れずにしておきましょう。
衣にたっぷりとしみたソースの味が豚肉の甘みを際立たせ、食欲を刺激。パクパクと食べ進められる
フードコートの脇には日本3大うどんの1つである「水沢うどん」の専門店『あかぎ庵』があって、こちらも人気
群馬は畜産王国だけあって、フードコートのスナックコーナーには牛肉や豚肉を使ったメニューが充実している
売店には地元のくだものと、それを使った加工食品も多く並んでいる
「くるみゆべし」(4個入り324円)は素朴なお菓子。醤油の香りとモチッとした食感がクセになる
「赤城高原SA」の規模はやや小さめ。木枯し紋次郎をモチーフにしたキャラクターの顔出し看板が出迎えてくれる
衣にたっぷりとしみたソースの味が豚肉の甘みを際立たせ、食欲を刺激。パクパクと食べ進められる
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」と「阪神高速」の異色コラボ
阪神高速が公開中の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」コラボ動画
2020年3月29日に全線開通した自動車専用道路「阪神高速6号大和川線」
阪神高速が公開中の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」コラボ動画
阪神高速が公開中の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」コラボ動画
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円
普通自動車免許で運転可能な3人乗り小型トライク「APtrikes125」車両価格は38万円

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事