排気量2458cc!! 量産バイク世界最大排気量のトライアンフ「ロケット3R」は欲張りすぎる究極のパワークルーザー

身長175cmの筆者(青木タカオ)がシート高773mmの車体にまたがった状態
初代モデルから継承されている丸目2灯のヘッドライトはLED化
メーターはフルカラーTFTディスプレイを採用
巨大なエンジンの上に配置された容量18リットルの燃料タンクから前後分割タイプのシートまで流れるようなラインを描く。斜めにカットされたショートタイプのサイレンサーは右2本、左1本というレイアウト
17インチのフロントホイールにはブレンボ製対向4ピストンキャリパーをダブルで装備
片持ち式スイングアームのため車体右側は16インチ20本スポークのキャストアルミ製リアホイールの存在感が強調されている
灯火類はすべてLED化。車体後端はテールランプまでとなっている(写真はストップランプが点灯した状態)
車体左側にはアルミキャスト製片持ち式スイングアームにドライブシャフト、アルミニウム製リアナンバープレートハンガーを装備
トライアンフ「ロケット3R」に試乗する筆者(青木タカオ)
トライアンフ「ロケット3R」
見た目の印象とは異なるスポーティなハンドリングを楽しめる
3連ヘッダーパイプがインパクト「大」な排気量2458ccの水冷直列3気筒エンジン搭載。最高出力167PS、最大トルクは世界トップの221Nmを発揮する

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事