モダンクラシックで熱い走り!! シーンを牽引するトライアンフの現代版「スピードツイン」は佇まいも上質!!

トライアンフらしい伝統的なスタイリングに、現代的な高いパフォーマンスを融合した「SPEED TWIN(スピードツイン)」
前後マッドガード(フェンダー)やスロットルボディカバー、ヒールガード、サイドパネルなどにはブラッシュ仕上げのアルミニウム製を採用
丸型のヘッドライトにはハロゲンバルブ、ウインカーにはLEDを採用
左に速度計、右に回転計を配置した丸型メーター。いずれも指針式を採用しながら各インフォメーションはデジタルパネルに表示
冷却方式が空冷から水冷となった新型「Bonneville 1200」エンジンには、これまで存在しなかったラジエーターをアンダーフレームに沿うように装備
高い制動力と操作性を発揮するフロントブレーキにはBrembo製4ピストンキャリパーとダブルディスクを採用。ABS標準装備
リアブレーキにはNISSIN製片押し2ピストンキャリパーを装備。スイングアームはクリアアルマイトが施されたアルミ製
丸みを帯びたデザインの容量14.5リットルの燃料タンク。タンクキャップの蓋にもブラッシュ仕上げのアルミ製を採用
乗り心地の良い薄型のベンチシートからすっきりとまとめられたリアエンド
後方へ跳ね上がったブラックのメガホンタイプツインスポーツサイレンサーが刺激的な走りを思わせる
トライアンフ「SPEED TWIN(スピードツイン)」に試乗する筆者(青木タカオ)
高出力の新型「Bonneville 1200」エンジンは、排気量1200ccの水冷並列2気筒SOHC4バルブ
シート高807mmの車体に身長175cmの筆者(青木タカオ)がまたがった状態
トライアンフ「SPEED TWIN(スピードツイン)」に試乗する筆者(青木タカオ)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事