ホンダ「Rebel 1100 DCT」の魅力は価格設定と振り幅の大きさ! 人気の「レブル」シリーズにラスボス登場でファン増殖中!?

低いシート高、くびれを持たせたフレーム形状のナロースタイル、低重心で安心感があるロー&ロングのスタイリングは「Rebel」シリーズ共通
ホンダ「レブル1100」はスポーティな走りも楽しめる、まったく新しいクルーザーに仕立てられている
個性的な表情のヘッドライトは肉厚のインナーレンズに4つの直射式LEDと被視認性を高める導光式LEDを左右に配置
楕円形上のLEDテールランプ。ウインカー含めクリアレンズで統一
シングルサドルタイプのメインシートは加速時のホールド感が高く、適度な厚みで座り心地も快適
シンプルなロー&ロングのスタイリングに容量13リットルのフランジレス製法で作られた燃料タンクが個性的。よく見るとローコントラストの2トーンカラーで造形に深みを持たせている
ホンダ「Rebel 1100 DCT」(2021年型)に試乗する筆者(松井勉)
身長183cmの筆者(松井勉)がシート高700mmの車体にまたがった状態
排気量1082ccの水冷直列2気筒OHC4バルブエンジンを搭載(写真はDCTモデル)
ホンダ「Rebel 1100 DCT」(2021年型)カラー:ボルドールレッドメタリック。フロントフォークのインナーパイプには酸化チタンコートが施されるなど機能部品はブラックアウト化。スポーティな印象に

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事