【MotoGP第11戦オーストリアGP】世界戦に挑む中上貴晶選手、雨の中をスリックタイヤで完走し13位フィニッシュ

優勝したのはKTMのブラッド・ビンダー選手。スリックタイヤで走り切った
表彰台を獲得したビンダー選手(中央)、2位のフランセスコ・バニャイア選手(ドゥカティ/左)、3位のホルヘ・マルティン選手(ドゥカティ/右)
ホンダのマシンを駆り、2021年シーズンのMotoGPクラスに参戦する唯一の日本人ライダー、中上貴晶選手(#30 LCR Honda IDEMITSU)
序盤はチームメイトのアレックス・マルケス選手(ホンダ)とポジション争いを展開
フロントタイヤの空気圧が上昇しており、フィーリングに苦戦していたという
MotoGPバイクに装着される、ミシュランのレインタイヤ

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事