ホンダ「CB1000R」は、コーナーが待ちきれない! 操作する楽しさがこの1台に凝縮

CB1000Rと筆者(青木タカオ)
CB1000R 開発チーム
スタイリングデザイン担当 鴫原 崇さん(本田技術研究所 二輪R&Dセンター)
エンジン設計担当 山代 隼人さん(本田技術研究所 二輪R&Dセンター)
操縦安定性担当 高柴 宏明さん(本田技術研究所 二輪R&Dセンター)
電装テスト担当 佐藤 篤樹さん(本田技術研究所 二輪R&Dセンター)
無駄のないインプルなフォルムのCB1000R
アルミ薄板をアルマイト処理されたカバー
サイレンサー内部を2室構造とし大気開放する抜け穴も設けている
サイレンサー内部構造
片持ちスイングアームマウントのナンバープレートブラケットとリアフェンダー
手元のスイッチで5段階の温度調節が可能なグリップヒーター
薄型LEDヘッドライトにはロービームとハイビームの間にHondaのロゴを配置
998cc水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒エンジン
ライディングモード制御一覧
ホンダ「CB1000R」
高回転まで気持ちよく回るエンジンを搭載
コーナー入り口で意図した通りに車体が向きを変える
好みの運転モードへの切り替えが可能
「CB1000R」開発責任者 内田聡也さん(本田技術研究所 二輪R&Dセンター)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事