ホンダ新型「CBR650R」発売 “操る楽しさ”を重視したロードスポーツモデル

ホンダの新型「CBR650R」は、昨年イタリア・ミラノで開催されたEICMAで発表され、いよいよ国内市場にも3月に導入されます。CBRシリーズのイメージをさらに強調したデザインに生まれ変わっています。

CBRシリーズの650ccクラスに「R」モデルを投入

 ホンダは、EICMA2018で発表したロードスポーツモデル「CBR650R」を、国内市場に向け3月15日(金)にHonda Dreamより発売します。

新型「CBR650R」

 CBR650Rは、扱いやすい車体サイズに低回転域から高回転域まで伸びやかな回転フィーリングを堪能できる水冷DOHC直列4気筒エンジンを搭載した従来モデルの「CBR650F」をベースに開発されました。また、今回のモデルより名称を従来CBR650FからCBR650Rへ変更されています。

 車体・足回りは、フレームの構成部品や製法を変更するなど剛性バランスを見直し、軽量化とマスの集中化を図ったほか、新たに倒立フロントフォークや軽量化した5本Y字型スポークの新デザインをアルミホイールに採用するなど運動性能を高めることで、軽快で上質なライディングフィールを実現しています。

 パワーユニットは、扱いやすいトルク特性としながら従来モデルに対して高回転域の出力を向上させています。また、ライダーの疲労軽減や安心感のある走りに寄与する、アシスト機構により、クラッチレバーの操作荷重を軽減させるアシストスリッパークラッチやライダーのアクセル操作を補助するホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を新採用し、扱いやすく快適でスムーズな乗り味を実現しています。

 スタイリングは、新デザインのコンパクトなフルカウルを装備し、ヘッドライト、テールランプなど全灯火器類にLEDを採用しています。

CBR650R(グランプリレッド)

「CBR650R」の価格(税込)は、CBR650R(マットバリスティックブラックメタリック)103万6800円、CBR650R(グランプリレッド)106万9200円です。

 なお、販売計画台数は、国内年間600台です。

【了】

提供:くるまのニュース

ホンダ新型「CBR650R」の詳細を写真で見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事