• バイクのニュース
  • 試乗記
  • バイク女子「梅本まどか」タイ製バイクに初試乗 かっこかわいい「GPXジェントルマン200」は“乗ってる感”が強かった!

バイク女子「梅本まどか」タイ製バイクに初試乗 かっこかわいい「GPXジェントルマン200」は“乗ってる感”が強かった!

タイのメーカー「GPX」製のバイクが2019年についに国内導入されました。今回はバイク好き女子としてレースなどにも参戦する「梅原まどか」がその魅力を伝えます。

かっこよくて扱いやすいGPX製「ジェントルマン200」

 タイのオートバイメーカー、GPXの「ジェントルマン200」は、2019年1月から日本国内で販売を開始した200ccクラスのバイクです。日本総代理店「GPXジャパン」には発売前から多くの問い合わせがあったといいますが、そんな注目度の高いモデルにバイクで走ることが大好きな「梅本まどか」が試乗してみました!

タイ製バイクGPX「ジェントルマン200」と筆者(梅本まどか)

 ジェントルマン200の第一印象は、写真で見ていたより迫力があってかっこいいです。個人的にはシートのステッチが可愛いかったり、座り心地が良かったところも気に入りました。

 実際に跨ってみると私の身長でも(163cm)足付きは悪くありません。思ったより前傾なポジションでしたが、きつくはないので楽しんで乗れました♪ それと跨ったときに目に入るグリップの模様や、タンクの上の飾り、グレーっぽい色、ロゴの入り方がさり気なくオシャレです♪

タンクのロゴもオシャレなGPX製「ジェントルマン200」

 また、見た目には小さく感じませんが、車重も軽く楽に押し歩きが出来たのでとても安心。かっこよくても車両が重たいと押し歩きの時に大変だったり、ちょっと動かしたい時に気合いを入れないといけないので、この軽さはとても嬉しいです♪

とことこゆっくりと長距離を走るのにも最適な一台

 実際に走ってみると、思った以上に大きな排気音でしたが操作はしやすく、“バイクに乗っている感”が強くとても楽しかったです♪

“バイクに乗っている感“を強く感じるGPX製「ジェントルマン200」

 メーターは小さいですが、不便はなく、むしろ何も気にせず走りやすいなと感じました。あとはステップが「固い!」という印象も受けましたけど、とても太いステップだったので安定感が凄くあり、Uターンもしやすいです。

 ウィンカーのボタンを戻すのに慣れず何度か戻そうとした時に反対のウィンカーを出してしまったのですが、そこに集中できるくらい操作しやすいバイクでした。

ウインカーボタンの操作には若干の馴れが必要かも

 私はとことこゆっくり長い距離を走るのが好きなのですが、GPX「ジェントルマン200」は、そんな私にぴったりな一台です!

 後、こういうバイクを大学生の時の通学で乗っていたらオシャレでかっこよかったんだろうなと凄く感じました。帰りにカフェに寄ったりとか……絵になりそうですよね!! お値段も36万1800円と、同クラスの国産車に比べリーズナブルなのでとても魅力的です。

オシャレで安心感のあるGPXは初心者の方にもオススメです♪

 私の愛車もネイキッド(ホンダCB400 Super Four)なのですが、やっぱり乗りやすくて安心感がある上にオシャレ感のあるバイクはいいなと改めて感じさせられました。

 タイ製のバイクは初めて試乗したのでドキドキでしたが、GPX製「ジェントルマン200」は街乗りから200km前後のツーリングまでと、幅広く楽しめるバイクです。これから免許取得を目指す人にも十分にオススメできます! 

【了】

バイク女子「梅本まどか」GPX製ジェントルマン試乗記の画像を見る(11枚)

画像ギャラリー

Writer: 梅本まどか

地元名古屋を拠点にタレントとして活動中。名古屋の魅力をPRする名古屋観光文化交流特命大使として、様々な名古屋の魅力を発信している。特技であるチアリーディングをはじめ、スポーツ、モータースポーツの分野での活動を積極的に行っている。

最新記事