ヤマハ「BOLT」シリーズがカラーチェンジ 2019年新色はシンプルさとスポーティさを強調

ヤマハ「BOLT」シリーズは、排気量941cc空冷V型2気筒エンジンを搭載する、ボバースタイルのクルーザーモデルです。

シンプルさの中にアクセントを加えてイメージチェンジ

 ヤマハは、「BOLT ABS」および「BOLT Rスペック ABS」のカラーリングを変更し、5月16日より発売します。

ヤマハ新色「BOLT Rスペック ABS」(左)と「BOLT ABS」(右)

 ブラックメタリックXをベースにした「BOLT ABS」は、燃料タンク天面にシンプルなBOLTロゴグラフィックを採用し、ボバースタイルのカスタムイメージを強調しています。

 上級仕様となる「BOLT Rスペック ABS」は、マットシルバー1をベースに、燃料タンクサイドに赤いストライプをあしらい、カジュアルかつスポーティなイメージを強調するカラーリングとなっています。

 2013年に登場した「BOLT」シリーズは、“Ultimate Purely Bobber”をデザインコンセプトとするシンプルなスタイルと、都市近郊での快適な走行性能を備えています。

 価格(税込)は、「BOLT ABS」が96万1200円、「BOLT Rスペック ABS」が100万6560円。シリーズ合計での国内年間販売計画台数は400台です。

【了】

ヤマハ「BOLT」シリーズの画像を見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事