ヤマハ手芸シリーズ第3弾登場! シリーズ最大の“あみぐるみ”と最小の“羊毛フェルト”レシピを公開

ヤマハ発動機がウェブサイトで展開する「あみぐるみ/羊毛フェルト」第3弾のレシピが公開されました。大型バイク“NIKEN(ナイケン)”、ヤマハオリジナルにおキャラクター“ニャイケン”に続く第3弾では以外な製品が登場します。

ヤマハ「あみぐるみ/羊毛フェルト」第3弾はまさかのあの製品!

 ヤマハ発動機の世界を手作りするという試みにもとづき、2018年10月からスタートしたウェブコンテンツ「あみぐるみ/羊毛フェルト」の第3弾が5月31日に公開されました。

 第1弾として大型3輪バイク「NIKEN(ナイケン)」、第2弾ではNIKENをモチーフにしたキャラクター「ニャイケン」のレシピが公開されましたが、第3弾では電気を生み出す発電機「EF1000iS」のあみぐるみと、SRのエンジン構成部品「ピストン・コンロッド」の羊毛フェルトが取り上げられています。

ヤマハの手芸コンテンツ「あみぐるみ/羊毛フェルト」の第3弾

 インバーターという装置を搭載することで、静かで軽量な発電機「EF1000iS」(国内モデルはEF900iS)は、キャンプやDIY、非常用電源としても人気のモデルで、同製品を題材にした“あみぐるみ”では“ほぼ原寸大”で再現されています。

あみぐるみ第3弾となる発電機「EF1000iS」(国内モデルはEF900iS)

 バイクのエンジン内部にある中空の円筒(シリンダー)内を、ガソリンの爆発によって激しく上下運動して動力を作り出す「ピストン」をモチーフにした羊毛フェルトにおいては、金属のパーツを柔らかい羊毛フェルトで作り上げるというギャップを楽しむことが出来ます。

羊毛フェルト第3弾「ピストン/コンロッド」

 ヤマハのウェブサイトでは「ご注意:発電はしません。」「ご注意:エンジンの中に組み込まないでください。」というシャレの効いたキャプションとともにレシピが公開されています。

【了】

ヤマハ「あみぐるみ/羊毛フェルト」第3弾の画像を見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事