ヤマハの電動トライアルバイク「TY-E」 2019トライアル世界選手権挑戦決定!!

ヤマハは、2019FIMトライアル世界選手権TrialE(Electric)クラスに、電動トライアルバイク「TY-E」で昨年に引き続き参戦すると発表しました。

トライアル世界選手権TrialEクラスでチャンピオンを目指すヤマハ

 ヤマハは、2019FIMトライアル世界選手権TrialE(Electric)クラスに、電動トライアルバイク「TY-E」で参戦することを決定しました。昨年TrialEクラスに初参戦しランキング2位となった黒山健一選手が、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からエントリー、今年はチャンピオン獲得を目指しています。

昨年TrialEクラスに出場した黒山健一選手

 2017年から年間1戦で始まったTrialEクラスは、昨年から年間2戦開催されています。3シーズン目を迎える今年は、6月22-23日オランダGPと、6月29-30日ベルギーGPの2戦で行われます。

 黒山選手は、全日本選手権で過去11回のチャンピオンに輝き、世界選手権でも最高ランキング3位を獲得しているトップライダーです。

 今シーズンは、全日本選手権のIAスーパーに「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から出場し、開幕戦2位、第2戦では優勝して現在ランキングトップに立っています。

 TrialEクラスには、昨年「TY-E」で初参戦し、開幕戦のフランスGPでは、ライバルとの接戦を制して初優勝、続くベルギーGPでは同ライバルに僅差で敗れ2位。ランキングでは、それぞれが1位と2位を分け合い同ポイントで並びましたが、最終戦の成績を優先するレギュレーションのため、総合ランキング2位となりました。

「TY-E」は、ヤマハの研究開発統括部で行われるエボルビング活動から生まれた電動トライアルバイクです。「TY-E」の特徴は、高回転型小型高出力モーターや瞬発力とコントロール性を確保するメカニカルクラッチなど最新技術が多数搭載されています。

トライアル世界選手権TrialEクラスチャンピオンを目指す黒山健一選手

 昨年に続き今年もトライアル世界選手権TrialEクラスに出場する黒山健一選手は、「昨年は、開幕戦こそ優勝することができましたが、第2戦では優勝を逃してチャンピオンに後一歩届かず、とても悔しい結果なりました。自分としてはやり残したことがたくさんあったので、今シーズン、もう一度チャンスをいただけて本当にうれしく思います。昨年の経験上、TrialE クラスは同じトライアル競技でも、ガゾリン車と異なる点も多く、メンタル的にもタフな戦いとなりました。しかし今回は昨年の経験があっての参戦となるので、心の準備もできています。今度こそヤマハの電動トライアルバイクTY-Eを世界一のマシンにし、僕自身も世界チャンピオンになってみせますのでご期待ください」と述べています。

【了】

トライアル世界選手権TrialEクラスの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事