ドゥカティのレース技術を市販車へ投入 高性能エンジンを積んだ「パニガーレV4R」発売決定

ドゥカティは、公道走行可能なスポーツモデル「パニガーレV4R」を6月29日(土)に発売開始します。

公道走行可能なモンスターモデルいよいよ発売

 ドゥカティは、公道走行が可能なスポーツモデル「パニガーレV4R」を6月29日(土)に発売を開始することを発表しました。

ドゥカティ「パニガーレV4R」(EICMA2018)

 パニガーレV4Rは、昨年イタリア・ミラノで開催されたEICMA 2018で発表され発売が待たれていたモデルです。パニガーレV4Rは、2019年スーパーバイク世界選手権(SBK)を戦う、998ccデスモセディチ・ストラダーレRエンジンが搭載されています。

 ドゥカティ史上もっともパワフルな高性能なモーターサイクルの最高出力は、221PSです。また、アクラポビッチ製ドゥカティ・パフォーマンス・フルレーシング・エグゾーストを装着した場合は234PS発揮します。

Aruba.it Racing Ducatiチーム A・バウティスタ選手

 SBKでは、Aruba.it Racing DucatiチームのA・バウティスタ選手が、総合首位をキープし、マシンポテンシャルの高さを証明しています。

 サーキットでの空力性能を向上するため、ドゥカティ・コルセがドゥカティ・スタイルセンターと連携して開発したエアロ・パックもパニガーレV4Rには初搭載しています。

 パニガーレV4Rの価格(税込)は、455万円です。

【了】

ドゥカティ「パニガーレV4R」の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事