BMW motorrad「F850GSアドベンチャー」 厳つい外観からは想像できない優しい相棒!

BMW motorrad「F850GSアドベンチャー」は、その車格から威圧感たっぷりですが、実際に乗るとライダーを優しく包み込み、厳しさはありません。スロットルレスポンスも良く扱いやすさもピカイチです。

23リッターの燃料タンクで航続距離550km実現!

 F850GSアドベンチャーを目の前にすると、ほとんどの人が「デカッ!」と言ったまま固まります。真横からの見た目はわりと普通のアドベンチャーモデルですが、正面や後ろに回ると象の耳のように張り出したガソリンタンクが容赦なく威圧。実際、ガソリンを満タン(23リットル)にすると航続距離は550kmに達し、計算上は東京-大阪間を無給油で走れるタフなロングツアラーなのです。

BMW motorrad「F850GSアドベンチャー」に試乗する筆者(伊丹孝裕)

 そんなF850GSアドベンチャーは、F850GSのマッチョ仕様と言っていいでしょう。先のガソリンタンクがまさにそれで、F850GSの15リットルに対して8リットルも増量された他、スクリーンとハンドガードを大型化して防風性能を強化。ステップを頑強なワイドタイプに変更し、ゴツいブーツを履いても操作しやすいようにシフトレバーとフットブレーキには調整機構も追加されています。

 さらには、スチール製のラゲッジキャリアとエンジンガードを張り巡らせて装甲車的に武装……と、どんな使い方に耐えうるヘビーデューティな仕立てが自慢です。

 そこまでして一体どこを目指すんだ? という質問は野暮というもの。その性能を使う場面があろうがなかろうが、ミリタリースペックに憧れるのが男の子だからです。NASAが開発したり、米軍に採用されたと聞けば無条件に胸が高鳴るのと同様、それにも似たワクワクがBMWの「アドベンチャー」シリーズにあるのは間違いありません。

張り巡らされたガード類はどんな使い方をしても耐えられる作り

 ただし、安心してください。見た目的にはいかにも手強いF850GSアドベンチャーですが、いざ乗ると包容力のかたまりで、厳しさは皆無。車重はガソリン満タンで244kgに達するものの、その数値よりもずっと軽く感じられ、平均的な男性の体格なら引き起こしや取り回しに苦労することはないでしょう。シートの厚みもたっぷりあり、走り出せば853ccの並列2気筒エンジンはコロコロと優しい鼓動感と排気音でライダーを包んでくれます。

 そのエンジンには、キャラクターを切り換えることのできるライディングモードが搭載されています。ロード/ダイナミック/エンデューロ/エンデューロプロ/レインの5パターンがあり、走るステージや好みに応じてパワーフィーリングやトラクションコントロールの介入レベルが変化。もっともアグレッシブなダイナミックモードでは力強く加速し、スロットルレスポンスもダイレクトなものになりますが、決して恐怖を感じるほどではありません。きちんと扱いやすいレベルに留められ、誰もがスポーティな走りを引き出すことができるでしょう

少々のギャップでは挙動を乱さずコーナーを抜けていく事ができます

 ハンドリングも穏やかで、路面に少々ギャップがあっても挙動を乱すことなくビタッと安定。車体サイズも重さも気にすることなく、スイスイとコーナーをクリアしていくことができるはずです。

 メーターに採用された6.5インチの液晶カラーディスプレイは質感の向上に大きく貢献。街乗りからツーリングまで幅広くこなせることはもちろん、本気の冒険に出掛けたくなればその気持ちにも応えてくれるオールラウンダーが、このF850GSアドベンチャーというバイクなのです。

「F850GSアドベンチャー」の価格(税込)は、212万2000円です。

【了】

BMW motorrad「F850GSアドベンチャー」の画像を見る

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

最新記事