電動バイクのようにセグウェイは公道を走れないのか? 期待したいパーソナルモビリティの世界

環境に優しく手軽な移動を提供するパーソナルモビリティ。セグウェイのような歩行の手助けになる乗りものから、手軽な移動手段となる電動バイクや小型電気自動車まで、さまざまです。

レジャー、ビジネス、歩行支援の活用にも期待が高まるパーソナルモビリティ

 体重移動によって発進・停止・方向転換などを行うことができる電動立ち乗り2輪車の「セグウェイ」。一般人でも試乗できる機会も増えています。ほかにも1人から2人乗りの小型電気自動車も各社から発表されており、これらパーソナルモビリティはレジャーや各種業務への利用に加え、超高齢化社会で歩行支援のツールになるのではないかと注目されています。

海外では公用としても活躍する「セグウェイ」

 そのセグウェイですが、現状では原則、公道の走行はできません。法的に自動車にあたりますが、自動車を公道で走行させるには車両登録を行ってナンバープレートを取得しなければならず、登録するには灯火類や急制動が可能なブレーキなどを装備して、道路車両運送法の「自動車又は原動機付き自転車の保安基準」を満たさねばなりません。

 しかしふたつの車輪が並行に配置されたセグウェイは、ブレーキをかけた際に前方へ転倒してしまう可能性があります。また、保安基準を満たすことは難しく、そもそもその保安部品が無いことから、ナンバーの取得は実質不可能といえます。

 一方、規制緩和が進んで「実験」としては許可される場合もあります。茨城県つくば市では防犯パトロール、エコ通勤、観光ツアーなどでの利用を想定した使用実績もあります。

 誘導員の配置など一定の条件を満たして警察署の道路使用許可を得ることができれば、公道実証実験としての走行は全国各地で可能な状況になっているのです。

歩行の手助けとなる「セグウェイ」

 セグウェイは現在、小型特殊自動車としての認定になるため、乗車には小型特殊免許、普通自動車免許、自動二輪免許などの運転免許が必要です。原付免許は小型特殊免許を含まないので、小型特殊か普通自動二輪免許などの上位免許が必要ということになります。

電動バイクとさまざまなパーソナルモビリティを見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事