目に見えない「風」の強さを視覚的に確認 高速道路に設置された吹き流しとは

バイクやクルマにとって高速走行中に受ける強い横風は、進路が乱されるなど非常に危険なものです。高速道路などでは、そうした危険を伝えるために鯉のぼりのような吹き流しを設置し、風の強さが視覚的にわかるようにしています。

高速道路の吹き流しはライダーに貴重な情報を提供してくれている

 高速道路を走行したことがある人なら、トンネルの出口付近や橋の上に設置されている吹き流しを見たことがあると思います。この設備には、急な横風によるトラブルで事故を起こさないよう、ライダーやドライバーに対して風の強さを視覚的に知らせる役割を果たします。

高速道路などに設置された吹き流し

 ポリエステルメッシュを縫い合わせた筒状の吹き流しは、高い位置に設置されています。円形の片方の口から入った空気が、反対側の口に向かう際の気流で生じる揚力で筒全体が舞い上がります。風速などの詳細なデータを把握することはできませんが、緑と白の縞模様で遠くから視認できるため、運転者は吹き流しの状態を確認することで、事前の備えが可能になります。

吹き流しが真横だったら横風に注意

 揚力(流体の中に置かれた物体が受ける力のうち、流れの方向に垂直に働く力)で舞い上がる吹き流しは、風が強くなり気流が速くなるほど水平に近い状態になります。ほとんどの高速道路は風速10mから15mで速度制限が入り、20~25mで通行止めになりますが、吹き流しの角度は風速約3mで30度、5m以上になると45度になります。また、走行中に車が流されるような感覚を受ける10m以上では、ほぼ真横になります。

風の影響をうけやすいトンネル出口付近

 吹き流しが真横になっていたら、ハンドルを取られるリスクが高まります。自分は大丈夫でも、横に走っているクルマや、横風を大きく受けやすいバンタイプのトラックが車線を越えて流されてくる可能性もあり、ライダーは十分に注意して走る必要があるでしょう。

無理は禁物、強風時はSA等に退避

 ベテランのライダーにとっても高速道路を走行中に突風を受けることは危険です。横風を感じたり、吹き流しを見て横風の危険を感じた場合は、無理をせず、サービスエリアやパーキングエリアに一時退避することを検討してみてください。

【了】

風の強さを視覚的に確認! 吹き流しの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事