カワサキの万能型モデル「ヴェルシス1000SE」が車両本体価格はそのままカラーとグラフィックを変更し、消費税10%込で登場

カワサキ「ヴェルシス1000SE」は、アップライトなライディングポジションと余裕のパワーでストリートからツーリングまでこなす、スポーツ性能と快適なツーリング性能を併せ持つオールラウンドモデルです。

「ヴェルシス」シリーズのフラッグシップが新色となって登場

 快適性と万能性を兼ね備え、さまざまな路面状況下でストリートライディングの楽しさを提供するのが「VERSYS(ヴェルシス) 1000 SE」です。

カワサキ「VERSYS 1000 SE」メタリックカーボングレー×メタリックスパークブラック

「ANY ROAD ANY TIME」というコンセプトのもと、前後17インチホイールにオンロードタイヤを装着し、2人乗りや荷物の積載を前提として設計されたアドベンチャースタイルのモデルです。

 排気量1,043ccの並列4気筒エンジンを搭載する「ヴェルシス 1000 SE」のほか、排気量248ccの並列2気筒エンジンを搭載する「ヴェルシスX 250 ツアラー」でシリーズ展開しています。

 欧州では2007年から販売されていた「ヴェルシス 650」の上位モデルとして、2012年に「ヴェルシス 1000」が登場しました。日本では2017年に「ヴェルシスX 250」が新登場しています。

 前モデルとの主な変更点はカラーとグラフィックのみですが、発売予定時期は消費税率10%が適用されたあとの2019年10月15日のため、車両本体価格はそのまま販売価格が若干上がり、価格(消費税10%込)は190万3000円となります。

【了】

カワサキ「ヴェルシス1000SE」の新色を見る

画像ギャラリー

最新記事