スズキが放つ二輪と鉄道のコラボレーション第2弾「KATANAラッピング列車」と1日限定の駅改名

スズキは新型「KATANA」のプロモーションの一環として、天浜線(静岡県)の列車にラッピングを施した「KATANAラッピング列車」を運行します。

スズキの地元、浜松で線路上に新型「KATANA」の姿が

 スズキ新型「KATANA」のラッピングが施された列車が、2019年9月15日から約2年間、静岡県の天浜線(新所原駅から掛川駅まで)を運行します。

新型「KATANA」(ミスティックシルバーメタリック)は、燃料タンクから車体先端まで、シャープで流れるようなラインによってひと目で「KATANA」とわかるようデザインされている

 この「KATANAラッピング列車」は、新型「KATANA」のプロモーションの一環として企画され、天竜浜名湖鉄道株式会社とのタイアップによるものです。

 運行が開始される2019年9月15日(日)は、「はままつフルーツパーク時之栖(静岡県浜松市)」で行なわれるユーザー向けイベント「KATANAミーティング2019」に合わせています。

 第1回目となるイベント当日は「KATANAラッピング列車」の運行開始を記念して、天浜線「天竜二俣駅」で出発式を行なうほか、イベント会場に最寄りの「フルーツパーク駅」を「KATANA(フルーツパーク)駅」に1日だけ改名するなど、イベント参加者だけではなく鉄道利用者にもアピールするとのこと。

「KATANAラッピング列車」はスズキの二輪デザイン部がデザインし、車両全体をカタナの画像でラッピングしています。

「KATANAラッピング列車」のデザインスケッチ

 スズキの二輪車と鉄道のコラボレーションは、先に鳥取県の若桜鉄道と「隼(ハヤブサ)」で実施され(2019年3月)、静岡県では初の試みとなります。

 この企画は話題性の高い新型「KATANA」と、スズキと同じ地元の鉄道との組み合わせにより、「バイクのふるさと浜松」の認知向上と天浜線沿線の振興に協力します。

【了】

第1弾はスズキ「隼(ハヤブサ)」のラッピング列車だった

画像ギャラリー

最新記事