ホンダ「ADV150」を東京モーターショー2019で日本初公開 年内に国内販売を開始!?

ホンダは、2019年10月25日から一般公開される第46回東京モーターショーで、150ccクラスのスクーター「ADV150」を日本初公開します。

ホンダ「ADV」シリーズならではのアクティブなデザイン

 ホンダは、2019年10月25日から一般公開される第46回東京モーターショーで、150ccクラスの新型スクーター「ADV150」を市販予定車として日本初公開します。

すでにインドネシアで販売を開始しているホンダ「ADV150」。東京モーターショー2019で日本初公開されます

 日本に先駆けてインドネシアで2019年夏頃に発売された「ADV150」は、市街地から郊外の荒れた路面まで対応するストロークの長いサスペンションやタイヤ、ホールド製の高いライディングポジションを採用することで、タフでアクティブなスタイリングが与えられたモデルです。

 外観をみる限りでは、すでに国内販売されている大型アドベンチャーモデル「X-ADV」の流れを汲むことが分かりますが、実際の装備においても、2段階可変のスクリーンや、スマートキーを採用するなど、日常での使い勝手も考慮された作りとなっています。

大型アドベンチャーモデルホンダ「X-ADV」。ADV150をさらにアクティブにしたよな印象を受けます

 ホンダの広報部にADV150を日本へ導入する理由についてうかがったところ、「やはり一番の理由はラインナップの拡充です。ユーザーの方々により広い選択肢を持って頂ければと思います」と話します。

 現状ではスペックについては明かされていませんが、インドネシアでホンダの二輪車を製造するP.T. Astra Honda Motorの情報によると、エンジンは同社の「PCX150」と同等のユニットが搭載されており、最高出力は14.5PS(インドネシア仕様)、燃料タンクは同量の8リッターとされています。

 軽量でコンパクトなスクーターでありながら、アドベンチャーモデルを彷彿とさせるスタイリングと足回りが備えられた個性的なモデルだけに、日本への早期導入に期待したいところです。

【了】

ホンダ「X-ADV」の弟分!? 日本初公開の「ADV150」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事