Land Link ConceptやFAZER RなどロボティクスやAI技術を前面に打ち出したヤマハの展示とは?

ヤマハは、東京ビッグサイトで開催される第46回東京モーターショー2019において、AI画像認識により自ら走路を判断する四輪コンセプトモデルや無人産業用ドローンなどを展示します。

長期ビジョン「ART for Human Possibilities」とは?

 ヤマハは、2019年10月25日から東京ビッグサイトで開催される第46回東京モーターショー2019に、『人はもっと幸せになれる ~ART for Human Possibilities~』をテーマにブースを出展します。

「ART for Human Possibilities」とは、ロボティクスを活用し(Advancing Robotics)、社会課題にヤマハらしく取り組み(Rethinking Solution)、モビリティに改革をもたらすことで(Transforming Mobility)、人々の可能性を広げ、より良い生活と社会の実現を目指すことです。

自律ソリューションビークル「Land Link Concept(ランド リンク コンセプト)」

 世界初披露のワールドプレミアモデルとして、周囲をセンシングしながら大地を自在に移動する自律ソリューションビークル「Land Link Concept(ランド リンク コンセプト)」を出展します。

 開発コンセプトは、「呼応し合う・LINK」。AI画像認識により自ら走路を判断し、行く先を拒む障害物を検知、自ら避けて走行します。それぞれ操舵・駆動可能な4つの車輪で方向を問わない移動を実現しています。さらに、高い機動力を備えたことで、人とともに作業するために必要な器用さを持ち合わせています。

 デザインと走破性を両立した新しい低速モビリティのコンセプトモデル「YNF(Yamaha Next Field)-01」は、ドイツのデザイン賞「Red Dot Award:デザインコンセプト2019」を受賞しています。

低速モビリティのコンセプトモデル「YNF(Yamaha Next Field)-01」

 YNF-01のデザインは、オフロードテイストのスタイリングと質感を感じるマテリアルやカラーリングや多種多様な路面を走破できる大径タイヤと4輪独立サスペンションを装備した、アウトドアテイストのスタイリングが特徴の低速モビリティです。コンパクトでありながら頑丈な足回りと、乗る者をしなやかに包み込むフレーム設計にすることで「ホールド感」と「解放感」を共存させています。

産業用無人ヘリコプターやドローンも展示

 ヤマハは、2019年に掲げた長期ビジョン「ART for Human Possibilities」において、AIやロボティクスなどの技術開発を成長戦略の大きな軸として取り組んでいます。新たな成長戦略ソリューションの具体例として、ドローンや産業用無人ヘリコプターなどが展示されます。

産業用無人ヘリコプター「FAZER R(フェーザー アール)」

 防除作業や肥料・除草剤の散布等で使用する「FAZER R(フェーザー アール)」は、水平対向エンジンを搭載した産業用無人ヘリコプターのハイエンドモデルです。薬剤の搭載能力は、クラス最大の32リットル。薬剤・燃料無補給で4ヘクタールの散布が可能です。また、GPSとジャイロで速度と距離を計算し、一定の散布間隔でのターンや等間隔での飛行ライン・速度を維持するターンアシスト機能を標準装備しています。

産業用ドローン「YMR-08(ワイエムアール ゼロエイト)」

 産業用ドローン「YMR-08(ワイエムアール ゼロエイト)」は、優れた薬剤散布性能に貢献する“二重反転ローター”を採用し、軽量カーボン製ボディにより、1回のフライトで1ヘクタールの連続散布と産業用無人ヘリコプター「FAZER R」に匹敵する散布品質を実現する産業用マルチローター(通称:ドローン)です。

【了】

自律ソリューションビークルの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事