マルケス最高峰クラスで通算55勝目! ミック・ドゥーハンの持つ記録を抜きホンダライダーとして歴代最多勝利をマーク

2019 MotoGP第17戦オーストラリアGPが、2019年10月27日にフィリップアイランド・サーキットで開催されました。今回のレースではポールポジション・スタートのM・ビニャーレス選手と2019年王者のM・マルケスが最終ラップまで激しい優勝争いを演じました。

絶対王者M・マルケス選手が盤石の走りで優勝

 2019年10月27日にオーストラリアのフィリップアイランド・サーキットにて、MotoGP第17戦が開催されました。

ホンダ・ライダーとして歴代最多となる55勝目をマークしたM・マルケス選手

 M・ビニャーレス選手(ヤマハ)がポールポジションを獲得したオーストラリアGPは、オープニングラップでV・ロッシ選手(ヤマハ)がロケットスタートを決め、レースをリードします。一方で、2019年シーズンで頭角を現しているヤマハ勢の注目ライダー、F・クアルタラロ選手は、D・ペトルッチ選手(ドゥカティ)の転倒に巻き込まれ、1周も走れないままリタイアとなりました。

 今季、チャンピオンを決めているM・マルケス選手(ホンダ)はスタートこそ出遅れますが、5周目にC・クラッチロー選手(ホンダ)を抜き2番手に浮上。その後、M・ビニャーレス選手がホンダの2台を抜きトップに立ちます。

熾烈なトップ争いうを演じたM・ビニャーレス選手とM・マルケス選手

 M・ビニャーレス選手トップ浮上後、M・マルケス選手はすかさず追撃体制に入りますが、最終ラップの高速セクションでM・ビニャーレス選手が転倒。M・マルケス選手はそのまま走りきり、2位のC・クラッチロー選手に11.413秒差をつけてトップでチェッカーを受けています。

 先週末の日本GPでも優勝し、ミック・ドゥーハンとダニ・ペドロサの持つ、Hondaマシンでの54勝という記録に並んでいたM・マルケス選手は、今回のレースでの勝利により、Hondaライダーとして歴代最多勝利をマーク。最高峰クラスで55勝目という新記録を樹立しました。

 M・マルケス選手は、2013年アメリカズGPで最高峰クラス初勝利を達成し、フレディ・スペンサー選手の持つ最年少記録を更新しました。それ以降の戦歴は、通算125戦に出場し、55勝、表彰台登壇は93回に達しています。また、現在26歳のM・マルケス選手は、歴代の通算勝利数でも、バレンティーノ・ロッシ選手(89勝)、ジャコモ・アゴスティーニ選手(68勝)に次ぐ3位につけています。

 レースを終えた各ライダーのコメントは以下のとおりです。

●マルク・マルケス選手

今季11勝目をマークしたM・マルケス選手

「悪天候が影響するクレイジーな週末でした。マーベリックはとても速い走りをしていましたが、ついていくことができました。そして、優勝に向けて少しずつ攻めていきました。マーベリックは全力でプッシュしていました。

 とても速いペースでしたが、4周か5周ついていったときに、今日は優勝も可能だと感じました。限られた時間でRepsol Honda Teamはすばらしい仕事をしてくれました。リアにソフトタイヤを選び、少し賭けに出ました。最後は限界の走りでしたが、優勝することができました。Hondaとともに55勝目をあげることができてとてもうれしいです。Hondaファミリーとチームとともにこの瞬間を楽しむことができて興奮しています」。

●カル・クラッチロー選手

ポイントランキング9位につけるカル・クラッチロー選手

「金曜日のフリープラクティスがどんな結果であっても、今大会は表彰台に上がれるペースがあると思っていました。表彰台に向けて一生懸命がんばりました。これで1年で3回表彰台に上がることができました。マーベリックが転倒してしまったのは残念ですが、彼が転倒しなくても表彰台に上がっていたと思います。今日のペースには満足しています。

 マルクやマーベリックについていけるようなグリップもマシンもありませんでした。そのためかなりギャップが開きましたが、自分のペースには満足しています。残り5周になったときにリアタイヤをうまくコントロールしなければなりませんでした。最終ラップは雨が降り始めました。昨年のケガを考えたら、今年ここで表彰台に上がることができてとてもうれしいです。
 
 一時は戻ってくることもできないかもしれないと思いました。Hondaとともにすばらしい仕事をしてくれたクルーに感謝しています。彼らのおかげで表彰台に上がることができました。今日はLCR Honda CASTROLの努力が報われました。マーベリックが2位になるはずでしたが、こうして2位になることができたのはラッキーでした。今日は友達のジャック(ミラー、ドゥカティ)と一緒に表彰台に上がることができてとてもうれしいです」。

●マーベリック・ビニャーレス選手

熾烈なトップ争いを演じるも最終ラップで転倒、リタイアとなったM・ビニャーレス選手

「マルクが最後に仕掛けてくるとすればブレーキングを遅らせるので、その可能性を考えて、それまで以上に縁石に近づけて最終ラップに挑みました。しかし彼は、スタート/フィニッシュラインの手前で抜いていったのです。

 そこで私は第10コーナーで抜き返すために第3セクションを全力で攻めていきました。ですから、あのときすでにブレーキングせずに飛び込んでいく準備ができていたのです。しかしリアがロックして投げ出されてしまいました。今日は2位ではなく、勝つべきレースでした。

 チャンスがあると思ったので挑んでいったのです。優勝は逃しましたが、非常にポジティブなレースだったと感じています。転倒してしまいましたが、満足しています。毎ラップ、ベストを尽くし、マシンもとてもよく走ってくれました」。

●ファビオ・クアルタラロ選手

ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しているファビオ・クアルタラロ選手。オーストラリアGPでは惜しくも他車の転倒に巻き込まれリタイアを喫しました

「非常にタフなウイークでした。金曜日にビッグ・クラッシュし、日曜日にもまた転倒してしまいました。今朝は好調で、初めてQ1に出場してフロントローを獲得。決勝では、もしもペトルッチがぶつかってこなかったとしても、グリーン上に出て大きくポジションを下げていたと思います。

 いずれにしても、私はGPルーキーとして、どんなことも勉強だと考えています。次のマレーシアまで少し休養をとり、できるだけ怪我を回復させて、セパン・サーキットとPETRONASのために良いパフォーマンスを見せたいと思います」。

※ ※ ※

 MotoGP第18戦マレーシアGPは、2019年11月3日、セパン・インターナショナル・サーキットで開催されます。

【了】

まさに神業! MotoGP選手の走りを画像で見る

画像ギャラリー

最新記事