ベネリ「TRK 502 X」新型モデルが登場 より快適になったイタリア生まれのアドベンチャーモデル【EICMA2019】

ベネリはアドベンチャーモデル「TRK 502 X」の2020年モデルをEICMA2019で発表しました。

新グラフィックでイメージを一新したベネリ「TRK 502 X」

 イタリアのバイクメーカー「ベネリ」は、2019年11月5日から10日にかけて行われたバイクの見本市「EICMA2019」でアドベンチャーモデル「TRK 502 X」の2020年モデルを発表しました。

ベネリ製のアドベンチャーモデル「TRK 502 X」

 車体のグラフィックを一新することでイメージを大きく変えた「TRK 502 X」2020年モデルでは、新型のスイッチ、やグリップ、バックミラーなどを細かな箇所に変更が加えられました。

 各ライダーが最高のライディングポジションを実現できるようにするため、調整可能なハンドルバーや、人間工学に基づいたデザイン、快適性を追求した新型シートも併せて採用されています。

 47.6HPを発揮する499ccの2気筒エンジンを搭載する「TRK 502 X」は、フロントに140mmの可動範囲を持つ倒立フォーク、調整可能なリアショックを装備することで様々な路面状況でも安定した走りを実現します。

ベネリ製のアドベンチャーモデル「TRK 502 X」

 また、ロードスターモデル「TRK 502」と比べて高い位置に取り付けられたエキゾーストシステムを採用することで、障害物とのヒットや水位の高い環境でも走行することが可能となっています。

 その他、フロント19インチ/リア17インチのスポークホイールや容量20リッターのタンク、巨大なヘッドライトフェアリングを備えた「TRK 502 X」はホワイト、レッド、ブルー、グレーの4色が展開されるようです。

【了】

ベネリ製のアドベンチャーモデル「TRK 502 X」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事