峠道やサーキット走行の入門車両としても重宝されたホンダの原付ロードスポーツ「NS50F/エアロ」

ホンダの原付ロードスポーツ「NS50F/エアロ」は、CBR250FOURのハーフカウルやリアカウルのイメージを踏襲したミニバイクです。

峠やサーキットで大活躍したロードスポーツミニバイク

 1980年代後半日本中の峠道やタイトナーコーナーは、峠小僧と呼ばれる走り屋たちに満ち溢れていました。膝を擦り高速でコーナーを抜けていくそんなバイク乗りが一度は目にしたミニバイクが、1987年に発売されたホンダの「NS50F/エアロ」です。

ホンダ「NS50F・エアロ(1987)」

 当時は空前のレーサーレプリカブーム。中型免許で乗ることができるTZRやNSR、GSX-R400R、やZXR400Rなど峠やサーキットでは非常に人気がありましたが、高校の「3ない運動」などで中型免許を保持できない若者たちは競ってミニバイクや原付スクーターへと流れて行きます。

 ミニバイクは、12インチホイールを装備したNSR50やTZR50や17インチホイールを装備したNS-1、TZR50Mなどが主に挙げられます。激戦の原付市場に登場したモデルがホンダのNS50Fです。

 それまで各メーカーは、50ccスポーツモデルとして1980年初期から販売、スズキ・RG50Γ、ヤマハ・RZ50、ホンダ・MBX50などがありましたがデザインや機能が古く魅力を失っていました。

ホンダMBX50F(1985)には、水冷2サイクルエンジンを搭載し、最高出力7.2ps/8500rpm

 NS50Fは、前輪の油圧式ディスクブレーキ、S字断面スポーク採用を採用した軽量・高剛性のアルミ製キャストホイールや新パターンの幅広タイヤ(前2.75/後3.00)を採用するなど、水冷2サイクル単気筒エンジン(最高出力7.2PS/8000rpm)に相応した足回りやハーフフェアリングと小物入れ内蔵のシートカウルを装着していました。

 さらに、ハーフフェアリングには、ハロゲンヘッドライトを採用、セパレートハンドルとバーエンドタイプのハンドルグリップ、エアプレーンタイプの燃料タンクキャップやサイレンサー別体の排気チャンバーなども装備しています。

デュアルヘッドライトや出力特性を向上させながら進化したNS50F(最終型)

 ホンダ「NS50F/エアロ」の価格は、20万9000円(1987年)、国内年間販売台数は2万台でした。
1987年に発売されたNS50Fは、マイナーチェンジやカラーリング変更をしながら1995年まで生産されました。また、HRCはミニバイククラスレース専用車両「NS50R」を受注販売し、1987年から2008年まで製造されています。

 ■NS50F 諸元
全長×全幅×全高:1.855m×0.630m×1.065m
車両乾燥重量:92kg
エンジン形式:水冷2サイクル単気筒
排気量:49cc
最高出力:7.2ps/8000
フレーム形式:セミダブルクレードル

【了】

ホンダ「NS50F」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事