首都高小松川JCT開通10日で早くも効果を発揮 所要時間が最大20分以上短縮

カーナビアプリなどを提供するナビタイムジャパンは、12月1日17時の小松川JCT(ジャンクション)開通に伴う「首都圏の交通流」への影響分析結果を発表しました。

20分以上の時短を実現した小松川JCT

 カーナビアプリなどを提供するナビタイムジャパンは、12月1日17時の小松川JCT(ジャンクション)開通に伴う「首都圏の交通流」への影響分析結果を発表しました。

小松川JCTに設置されている中環小松川料金所

 小松川 JCT から板橋 JCT にかけて走行した車両を対象とした同分析では、小松川 JCT の開通により首都圏を走行する自動車に与えた影響について、当該区間を走行した車両の走行経路及び所要時間から分析したものです。

 小松川JCT開通前は、都心環状線を経由する経路が選択されていましたが、開通後は、同JCT を利用し中央環状線を経由する経路が利用されるようになり、当該経路を選択する車両の割合は75%を占めています。

小松川 JCT 開通前後での経路の比較 (画像提供:ナビタイム)

 また所有時間においては、開通前は交通量の多い都心環状線を経由するため、混雑する時間帯(7:00~10:00)を中心に最大で50分以上かかっていましたが、開通後は中央環状線を経由する利用者が多く、混雑する時間帯であっても所要時間は最大でも30分程度まで短縮されています。
 
 開通からわずか10日目にも関わらず多大な効果をもたらしている首都高小松川JCT。2019年12月19日には約3年半かけて作られた渋谷線(下り)入口も開通するなど、中央環状線機能強化プロジェクトが続々と完成している首都高だけに、その効果に期待が掛かります。

【了】

首都高小松川JCTの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事