横浜北西線2020年3月22日開通 東名↔横浜港間の通行を最大40分時短

首都高速道路と横浜市が共同で建設している横浜北西線が2020年3月22日に開通します。開通に先立ち、一般公開やファンランなどのイベントが開催されるようです。

横浜北西線開通日が決定

 首都高速は、延長7.1kmの「横浜北西線(よこはまほくせいせん)」を2020年3月22日(日)16時に開通すると発表しました。

開通に向け着々と工事が進む横浜北西線

「横浜北西線」は、横浜北線及び第三京浜道路(横浜港北ジャンクション)から東名高速(横浜青葉ジャンクション)を結ぶ自動車専用道路で、開通することで東名高速と横浜市街・横浜港を直結するルートが誕生します。

 現在、東名高速から横浜港までは保土ヶ谷バイパス経由で40分から60分ほどかかっていますが、横浜北西線を経由することで通行時間を約20分まで短縮することが可能といいます。

横浜北西線の概要

 なお、横浜北西線の料金体系については現在、国へ申請中となっていますが、2019年8月の発表では東名高速と北西線を連続利用する交通の上限料金を1800円(普通車)に調整するとしています。

 また、首都高速は横浜北西線の開通に伴い、2020年2月29日にファンランイベント、2020年3月8日に一般公開イベントの開催を予定しています。

【了】

横浜北西線の概要を画像で見る

画像ギャラリー

最新記事