バイクとスマートフォンの相互通信機能を搭載? カワサキ新型「Ninja 650」登場

エクステリアや環境性能を変更し、2019年11月にミラノショー(EICMA2019)で公開されたカワサキの新型「Ninja 650」が、2020年2月1日より日本仕様となって発売されます。

スマートフォン接続機能でインタラクティブなバイクライフを実現

 カワサキ「Ninja 650(ニンジャ650)」は、“ファン・スタイル・イージー”をコンセプトにスポーツマインドを演出しながらも扱いやすさが魅力のスポーツバイクです。

カワサキ「Ninja 650 KRT EDITION」(2020年型)カラー:ライムグリーン×エボニー

「Ninja」シリーズ共通のスポーティなイメージのスタイリングを継承しつつ、新採用となるLEDヘッドライトや4.3インチTFTカラー液晶スクリーンを備えるインストゥルメントパネルを装備しています。

 カラーバリエーションは白基調の「パールブリザードホワイトブラック」に加え、スーパーバイク世界選手権で戦う「Ninja ZX-10RR」と同じイメージのカラーリングを採用した「ライムグリーン×エボニー(KRT EDITION)」の2タイプを設定しています。

 排気量649ccの水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブエンジンは、2020年1月より適用されるEURO5(ユーロ5)排出ガス規制に適応するため吸排気系に改良を施し、排出ガスのさらなる清浄化を達成するとともに、中回転域におけるトルクも向上させています。

 また、インストゥルメントパネルに内蔵されたBluetoothチップによりスマートフォン接続機能を追加しており、専用のスマートフォンアプリ「RIDEOLOGY THE APP」を使用することでスマートフォンとの相互通信を実現し、以下のような機能を利用可能としています。

・Vehicle Info:燃料計、オドメーター、メンテナンススケジュールなど
・Riding Log:GPSルート情報
・Telephone notices:電話着信、メール受信情報
・Tuning-General Settings:スマートフォンから表示単位の変更や日時の設定

カワサキ「Ninja 650」(2020年型)カラー:パールブリザードホワイトブラック

 二輪車ETC2.0を標準装備車するそれぞれの価格(消費税10%込み)は、「Ninja 650 KRT EDITION」が90万2000円、「Ninja 650」が88万円です。

【了】

カワサキ新型「Ninja 650」「Ninja 650 KRT EDITION」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事