ホンダが披露した多彩な2020年モデル EICMA2019で「CB1000RR-R」など新型車を一挙に公開

ホンダは2019年11月に開催された世界でも有数のバイク見本市「EICMA」で数々の新型車を発表しました。ホンダの新型車をあらためて振り返ってみましょう。

ホンダの2020年モデルが続々と登場!

 ホンダは2019年11月5日から10日にかけてイタリア・ミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA2019」で2020年モデルやコンセプトモデルを多数、出展しました。いったいどのような車種が登場したのでしょうか。改めて振り返ってみます。

■CBR1000RR-R FIREBLADE

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」

 ホンダのワークスチーム「HRC」は2020年FIMスーパーバイク世界選手権にワークスチーム「Team HRC」で18年ぶりに参戦することを発表していますが、参戦車両のベースとして使われるのがEICMA2019で発表された「CBR1000RR-R FIREBLADE」(レース車両は上位グレードのSPがベース)です。

最高出力160kW(約217.539PS)/14,500rpmを叩き出すエンジンを搭載した2020年モデルでは、アルミ製ダイヤモンドフレームを採用し、高い出力を受け止める剛性と軽量化を両立するほか、より安定感を得られる車両設計と優れた空力特性が追求されています。

■CB1000R

ホンダ「CB1000R」

 EICMA2019では「ネオ・スポーツ・カフェ」というコンセプトを掲げ開発された「新世代CB」のフラッグシップ「CB1000R」の2020年モデルも公開されました。

 新型モデルでは、フロントフォークを支持するトリプルツリーやスイングアーム、ヘッドライトの一部をブラックアウトすることで、より精鋭な印象とされています。また、フロントブレーキディスクローターのカラー変更に伴い、外装のセンター部にはシルバーのレーシングストライプが追加されました。

 なお、最高出力145PSやサスペンションなど走行に関わる箇所に大きな変更は無いようです。

■Rebel500

ホンダ「Rebel500」

 2017年に新登場したクルーザーモデル「Rebel 250(レブル250)」と「Rebel 500(レブル500)」のうち、レブル500が新デザインをまとい、快適性を向上させて発売されます。
 
 新型レブル500は、ナロースタイルのフレームやファットタイヤ、せり上がった燃料タンクなど、レブルならではの特徴的なスタイリングはそのまま、灯火類にLEDを採用。より現代的な印象とされています。
 
 また、アシストスリッパークラッチの装備、より快適性を増したシートなどにより、渋滞時やロングツーリングでの快適性を向上させています。そのほか、EICMA2019では純正用品装着タイプ「S Edition」も発表されています。

欧州でミリオンヒットを記録したスクーターにも新型が

■SH125i/SH150i

ホンダ「SH125i/SH150i」

 欧州市場で登場以来ミリオンヒットを記録するホンダの欧州向けスクーター「SH」ファミリーからは、新型「SH125i」「SH150i」が世界初公開されました。
 
 4バルブ化による出力向上と、ホンダのスクーター初となる油圧式カムチェーンテンショナーリフターの採用によりフリクションを低減し、優れた環境性能も併せ持つ新世代のエンジン「eSP+(イーエスピープラス)」(enhanced、Smart、Powerの略称)を搭載。
 
 新設計フレームを採用した車体は、燃料タンクをフロア下に配置することで、シート下ラゲッジボックス容量28リットルを確保。灯火類はフルLED化され、Hondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)や新設計のLCDメーターなど先進装備が充実しており、USBソケットの採用など快適性と使い勝手がアップデートされました。

■CB4X(コンセプトモデル)

ホンダ「CB4X(コンセプトモデル)」

 ホンダは、これまでにもヨーロッパ地域の研究開発拠点であるHonda R&D Europe(ローマ)が製作したコンセプトモデルをEICMAで展示してきましたが、2019年はロードスポーツ「CBR650R」のエンジンを搭載したクロスオーバースタイルの一台「CB4X」を出展しています。

 デザイン面においては燃料タンクが前方に迫り出す一方、フロントカウルと一体となったアジャスタブルスクリーンによって、一体感のあるデザインを実現。アルミ製サブフレームの採用により短くシャープに仕上げられたリアデザインも特徴となっています。

※ ※ ※

 その他、ホンダは発売されたばかりのアドベンチャーモデル「CRF1000Lアフリカツイン」や「ゴールドウイング」、「フォルツァ300・カラー・アール・エボリューション」、小排気量のカスタム車両などを展示。世界バイクシェアNo.1メーカーらしい多彩なモデル展開で来場者を楽しませていました。

【了】

【画像】多彩な車両が展示されたホンダ・ブース(16枚)

画像ギャラリー

最新記事