「横浜北西線」開通後の首都高料金どうなる? 

首都高速株式会社は2020年3月に開通する新路線「横浜北西線」開通後の料金について発表しました。上限料金はいくらになったのでしょうか。

首都高が「横浜北西線」開通後の料金を発表

 首都高速株式会社は2020年3月22日に開通する「高速神奈川7号横浜北西線(よこはまほくせいせん)」(高速道路ナンバリングはK7)開通後の料金について発表しました。

首都高速が「高速神奈川7号横浜北西線」開通後の料金を発表

 横浜北線及び第三京浜道路(横浜港北ジャンクション)から東名高速(横浜青葉ジャンクション)を結ぶ横浜北西線は、延長 7.1kmの自動車専用道路で、トンネル部の距離は4.1kmとなっています。

 近年の首都高としてもかなり大きなプロジェクトに上げられる同路線は、横浜北線と一体となり東名高速から横浜港までを直結し、国際競争力の向上、アクセス性の向上・物流効率化、災害時等の道路ネットワークの信頼性向上、保土ヶ谷バイパス等の交通渋滞および沿線地域の生活環境改善などに寄与することが期待されます。

 首都高の発表によると、東名高速と3号渋谷線を連続して利用するルートと、東名と北西線を連続して利用するルートの料金を同水準とすることで、それぞれのルートの適切な交通分担を図るといいます。

 高速神奈川7号横浜北西線開通後の具体的な料金例(ETC搭載の普通車)は以下のとおりです。

首都高速が「高速神奈川7号横浜北西線」開通後の具体的な料金例(ETC搭載の普通車)

 また、車載器を搭載せず、現金支払の場合、東名高速←→北西線連続利用(横浜青葉ICで一度横浜北西線を降り、20分以内に横浜青葉ICから 東名高速に入った場合は、連続したものとみなされるため、東名←→北西線連続利用料金を支払う必要があります)では上限額(軽・二輪車1470円/普通車1800円/中型車1920円/大型車2870円/特大車3670円)となり、それ以外の利用では軽・二輪車1090円/普通車1320円/中型車1410円/大型車2080円/特大車2650円となるようです。

【了】

【画像】「高速神奈川7号横浜北西線」開通後の料金を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事