バイクで映画やアニメの舞台を訪ねよう!著名な作品のロケ地・聖地巡り

アニメで描かれた舞台は「聖地」と呼ばれることもある

●君の名は。(岐阜県飛騨市)

「君の名は。」に登場する飛騨古川駅

「君の名は。」は、2016年に公開されたアニメーション映画です。

 舞台は岐阜県飛騨市とされていますが、作中では同じ岐阜県の山中にある「糸守町」という架空の街として描かれています。作中ではヒロインの住む街として登場し、主人公が東京から糸守町へ向かう際に、飛騨古川駅が描かれていたことで、同駅のある飛騨市が聖地としてクローズアップされるようになりました。

 作中、ヒロインは糸守町を「日照時間が短い」というセリフがありましたが、岐阜県は南側を除いて山に囲まれた県であるため、実際に太陽を見ることができる時間が短い街もありそうです。

 また、岐阜県には合掌造りで有名な白川郷があります。日本アルプスを巡りながら、バイクで白川郷に一泊する旅も良いかもしれません。

●この世界の片隅に(広島県呉市)

海上自衛隊呉基地に停泊する第1潜水隊群

「この世界の片隅に」は、2007年に公開されたアニメーション映画です。

 舞台は広島県呉市とされており、戦前から海軍の街として有名です。

「この世界の片隅に」で描かれる町並みは、当時のことを知る人や、その時代の写真などを綿密に調べて描かれたとされています。そのため、当時その場所に誰がいたかという事実に、限りなく基づいているとも言われています。

 呉市は、広島市と共に戦争の被害を大きく受けた街です。作中でも空襲などのシーンが克明に描かれていますが、当時のクルマや乗り物なども正確に描かれており、見ごたえのある映画となっています。

 呉市からは、江田島をはじめとした瀬戸内海の島々を臨めるため、瀬戸内海をぐるりと回りながら、当時に思いを馳せてみるのも良いかもしれません。

●サマーウォーズ(長野県上田市)

上田城やNHKの大河ドラマ「真田丸」でも有名になった上田市

「サマーウォーズ」は、2009年に公開されたアニメーション映画です。

 舞台は長野県上田市とされており、そこにある「陣内家」という架空の日本屋敷で物語が進んでいきます。上田市は長野県のやや北側にあり、NHKの大河ドラマ「真田丸」でも有名になりました。

 ヒロインの家でもある陣内家は、親戚を含めるとかなりの人数となる家で、作中では広い日本屋敷の中に、親戚が一堂に会する様子が描かれています。また、上田市には上田城もあり、城下町としての顔もあります。作中のような大きな屋敷はありませんが、古い日本の町並みを楽しむこともできるでしょう。

 東京や名古屋からも行ける距離ですので、日本アルプスを堪能しながら史跡観光をしてみるのも面白いかもしれません。

※ ※ ※

 地域によっては、ドラマや映画のロケ地だったことをPRする自治体もあります。作品の雰囲気を楽しめる取り組みを行っている場所もありますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

【了】

【画像】著名な作品のロケ地・聖地を見る(6枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事