ニッチな職業バイクタレント シェアスクーターに乗ってみた

ラジオや安全運転の啓蒙活動など様々なシーンで活躍するバイクタレント岸田彩美さんがシェアスクーターを体験。

乗り捨て感覚で利用出来る「シェアスクーター」

 今回は近年サービスを開始したシェアスクーターについて、バイクタレントの岸田彩美が紹介していきます。

シェアスクーターを利用する岸田彩美さん

 近年はレンタルバイクなどの普及により、“バイクを所有しなくてもバイクに乗れる”世の中になってきましたね。今回ご紹介するのは2019年9月20日から始まったシェアスクーター「HELLO SCOOTER」です。

 シェアスクーターとは、好きな拠点で借りて好きな拠点に返せる仕組みです。HELLO SCOOTERの拠点は現在、東京都内に4カ所、埼玉県内に1カ所あり、運営するOpenStreetによると今後、拠点を拡大していく予定といいます。

 レンタル方法はすべてスマホのアプリ経由です。まずHELLO SCOOTERのアプリをダウンロードし、必要情報を入力します。免許証の認証が3営業日かかるとのことなので、利用前に事前登録する必要があります。

 なお料金形態は以下のとおりですが、このレンタル料金には、「対人・対物賠償保険、傷害保険」「ガソリン代」が含まれます。

シェアスクーターの料金形態

 HELLO SCOOTERで乗れるバイクは、原動機付自転車のジャイロキャノピーです。前一輪・後二輪のピザ配達等でよく見かけるバイクですが、オリジナルカラーリングとロゴにより、オシャレで可愛い仕上がりになっています。

 またリアのボックスには、ヘルメットも完備されています。私は自分のヘルメットを使いたい派なので持参しちゃいました(笑)。完備されたヘルメットの下に被るエアキャップも用意されるなど、衛生面も考慮されています。

 あると便利なものとして、アプリを使ってボックスの開け閉めをするので、モバイルバッテリーやグローブなど装備品は必要ですよ!

積載力バツグンのシェアスクーターでデイキャンプ!

 早速、シェアスクーターに乗り移動します。今回お邪魔したのは、浦和美園駅から約15km程の所にある道満・彩湖グリーンパークです。
 
 中央広場やバーベキュー広場は事前予約なしでデイキャンプ可能。またバイクの駐車料金も無料と非常にありがたい場所なのです。車両乗り入れはNGですが、駐輪場が近いのもオススメポイントですよ!

 キャンプもツーリングも天気が良い日がいいですよね。時間があっていい天気の日こそフラリと利用する時に便利な施設です。

ハロースクーターで使用されているホンダ「ジャイロキャピー」。優れた積載量を誇ります

 今回はバイクを借りるときに現地まで電車で向かったので、必要最低限の荷物だけボックスに積みましたが、ボックスはかなり広々としているので、テントも入りそう。まだまだ収納に余裕がありました。

 ちなみに今回は「コンビニで買える食材でデイキャンプを満喫」というテーマでしたが、カップラーメンデイキャンプならもっと荷物減らすことも出来ますね♪
 
 敷地がとっても広々としており、場所は選び放題!  早速準備して料理開始!思った以上にパンが分厚かったけど強引に挟み込む!

 待つこと数分……。

 ちょっと焦げちゃったけど、ほっかほっかのボリューム満点! 美味しいホットサンドの出来上がりです! ご馳走様でした。いい気分転換が出来ましたよ~

 道満・彩湖グリーンパークは、3月1日以降を目安にBBQエリア含め、施設が全面オープン予定とのことです。

 シェアスクーターの利用の仕方は十人十色だと思いますが、バイク体験の第一歩として利用してみるのは大いに有りだと思いました。

 所有するとなるとどうしても税金や駐車場のお金がかかりますが、シェアスクーターではその手間もありません。使う時だけ払う仕組みです。

 多様化が進むバイク業界ですが、私はどんな形であれ バイクを一人でも多くの人に楽しんでもらえたらいいなと思っています。

【了】

【画像】シェアスクーターを利用したデイキャンプを楽しむ岸田彩美さんを見る(6枚)

画像ギャラリー

Writer: 岸田彩美

食べる事とインコが大好き。愛称:あやみん。2011年駒澤大学準ミスグランプリを取得後、ツインリンクもてぎのイメージガール、ツインリンクもてぎエンジェルを務めた。任期中に様々なバイクの楽しみ方に出会いその魅力に心を奪われた。トライアルデモンストレーション、MotoGP 日本グランプリでステージMCなどバイクのイベント出演や司会も務める。

最新記事