映画「天気の子」仕様のスーパーカブに乗れる! ホンダが「バイクレンタル」市場に参入

ホンダは2019年よりスタートした二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO(ホンダゴー)」の一環としてレンタルバイクサービスを開始します。どのような狙いがあるのでしょうか。

国内No.1メーカーがついにレンタルバイクサービスを開始

 ホンダは2019年よりスタートした二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO(ホンダゴー)」の一環としてレンタルバイクサービス「HondaGO BIKE RENTAL(ホンダゴー・バイク・レンタル)」を4月6日(北海道・沖縄エリアは5月末)に開始します。

HondaGO BIKE RENTALでレンタルされる「スーパーカブ110」天気の子ver。ユーザーの反響次第では市販化も……

 HondaGO BIKE RENTALは、「HondaGOからはじめよう。」をコンセプトに、若年層を中心としたバイクに興味関心を持つユーザーを対象に、バイクへの認知と理解の促進、バイクに触れて乗れる機会の拡大を目指す新たな取り組みです。

 またホ二輪免許を取得したものの、4割以上のユーザーがバイクを所有した経験がない(ホンダ調べ)という状況を踏まえ、「もっと気軽に、もっと身近に」をキーワードとして、WEB予約による貸し出し手続きに関する利便性や、ヘルメットやライダースジャケット等のレンタル、安心して乗るための保険や補償プランなど、準備物や費用面に関する心理的なハードルを下げることで、バイクに触れて乗れる機会の拡大を目指すといいます。

 原付一種から大型モデルまで、多種多様なモデルが用意されたHondaGO BIKE RENTALでは、2時間以内の移動手段として利用できる短期プラン(SHORTプラン)や2泊3日のツーリングを想定した、55時間の長期プラン(LONG GOGOプラン)などを用意。

 取り扱い店舗数は、既存のホンダ正規取扱店を活用することで6月末までに約250店を予定しているといいます。

 今回の発表に際し、ホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長はつぎのように話します。

「2020年はホンダ国内二輪にとってあたらしい中期計画のスタートの年でもあります。国内二輪市場は、ここ3年間、最大ボリュームゾーンである原付一種の減少傾向に変わりは無く、昨年、2019年は国内二輪総需要は36万3000台、前年比98%という状況の中、ホンダは17万4000台、前年比101%と原付二種や軽二輪を中心にし新機種を投入することで30歳までの若年層と、60歳以上の活動的なアクティブシニア層の方々に興味、関心を頂いたことにより全体市場を牽引できたと考えています。

ホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長

 一昨年スタートしましたHonda Commuter(ホンダ・コミューター)とHonda Dream(ホンダ・ドリーム)の新販売網につきましても、お客様から十分に認知、ご支持を頂くことができました。

 現在、50ccから250ccクラスの商品を中心に信頼のサービスを提供し地域や生活に密着したHonda Commuterは、全国で約5100局。多様化するお客様ニーズや価値観に応え、ライフスタイルの提案やコーヒーのサービスを提供するHonda Dreamは、認定ベースで164拠点となっており、2020年度末までに200局化を計画しています。

 2017年から2019年の3年間でホンダは商品、販売網、販売フロントオペレーションの3つを変革することにより、質の向上による量の拡大を目指して参りました。

 日本につきましては、販売網の拡充やホンダらしい個性的なモデルを投入することにより拡大を実現。また、質につきましてもお客様ニーズに合わせた対応力、コミュニケーション力の強化によるお客様満足度の向上に結びつけることができたと考えております。

 今後、この2チャンネルの販売店さまと共に、質の追求にチャレンジし、お客様に満足と歓を提供し続けることで国内二輪の健全で継続的な発展を目指していきたいと考えております。

唯一、達成できなかった日本の二輪の活性化を目指す

 しかしながら、この3年間で唯一、達成できなかったことは、日本の二輪の活性化だと考えております。先程申し上げましたように、減少している市場を底支えすることはできましたが、お客様を増やし国内二輪市場を活性化、拡大化させるというところまでには至っていません。

 トップメーカーとしての役割を十分に果たすことができなかったという、じくじたる思いがあります。

 次の3年間においても、ビジネスの質と量、この2つについては追求することに変化はございませんが、量については“創造”、質については“進化を求めて参ります。

HondaGO BIKE RENTALの概要を説明するホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長

 量の創造を目指したホンダは、商品や技術というハードについては今後、継続的に魅力ある商品を導入していくのはもちろんのことでございますが、国内二輪市場の活性化施策として新規若年層の皆様に、“二輪車をもっと気軽に、もっと身近に”をキーワードに、二輪車に触れて、乗れる機会の拡大を目指す。ご協賛を頂きましたHonda CommuterとHonda Dreamの2チャンネルの販売店様とともに、HondaGO BIKE RENTALをスタート致します。

 現在、二輪の免許を保有されている方々の中で、二輪車を保有されていない方が43%もいらっしゃいます。二輪車の利便性や楽しさといった魅力は、十分にご理解頂き免許を取得したものの、費用面での理由から二輪車を所有しない方がまだまだたくさんいらっしゃいます。

 HondaGO BIKE RENTALは、費用面でのネガを払拭し、特に若年層、ミレニアル層の方々に二輪車のリアルな体験をしていただくことを目指し、4月6日にスタート。6月末には250店舗以上の国内最大級のバイクレンタルサービスとし、今後も順次、拡大を目指して参ります。

 そして、昨年大ヒットしたアニメーション“天気の子”に登場するピンクのスーパーカブを再現したモデルや、PCX ELECTRICなどのEV車もレンタル車両として準備をし、お客様に楽しんでいただく予定でございます。

 また、ホンダは二輪車のリーディング・カンパニーとしてお客様が将来にあたり、安心、安全、便利に二輪車をお使いいただくことを目指し、二輪車の利用環境改善と安全運転普及活動に継続的に取り組んで行きます。

 都市部での駐車インフラの整備・拡充、高速道路の二輪車料金独立化への利用環境の改善等、混合交通での安全運転活動やマナーアップの啓蒙、高校生の三ない運動の実質的な撤廃に向けた長期安全運転教育への強力など、安全運転普及活動を自工会などの業界団体、関連団体や行政のみなさまと一体になり今後も積極的に取り組んで参ります」。

※ ※ ※

 HondaGO BIKE RENTALの普及が進み店舗数が増加すれば、海外よりも遅れている電動バイクにおけるインフラの改善効果も期待されます。

 なお、スーパーカブ110「天気の子ver」は現状、レンタ専用車両となっていますが、ユーザーの反響次第では市販化も検討されるとのことです。

 二輪車市場活性化のための施策である「HondaGO」が今後、どのような展開を見せてくれるのか、期待がかかります。

【了】

【画像】「スーパーカブ110」天気の子verの画像を見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事