ホンダ「スーパーカブ110」 鮮やかなイエローとブラウンシートを備えた新色登場!

ホンダが販売する「スーパーカブ110」に新色が追加されました。これにより、継続色とあわせ全6色の豊富なカラーバリエーションで展開されることとなります。

よりカラフルなラインナップとなったスーパーカブ110

 ホンダは経済性と実用性に優れた「スーパーカブ110」に新色を追加し、2020年5月22日に発売します。

スーパーカブ110の新色「パールフラッシュイエロー」

 2009年に登場し、2012年にはフルモデルチェンジしたスーパーカブ110は、2017年のモデルチェンジ時より生産拠点を中国から日本の熊本製作所に移管し製造されている原付二種モデルです。

 発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっているWMTCモード値で67 km/L(1名乗車時)という驚異の燃料消費率を誇る同モデルは、シート高735mm(スーパーカブ110プロは740mm)という低めの設定にすることで足つき性を向上。

 重い荷物も気軽に積めるリアキャリアや買い物などに便利な荷かけフックなどの利便性を高める装備や、LEDのヘッドライト、“Super Cub”のロゴが入った視認性に優れたメーターなどを備えることで、安全性も高められています。

 鮮やかなイエローの車体にブラウンのシートを備えた「パールフラッシュイエロー」を追加することで全6色での展開となったスーパーカブ110の価格(消費税込)は、28万500円、スーパーカブ110プロは30万2500円となっています。

【了】

【画像】ホンダ「スーパーカブ110」全6色の画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事