Monster Energy Yamaha MotoGPロッシ選手 来季21年シーズンのMotoGP継続参戦を決断

ロッシとロレンソがチームを組むのは現時点では難しい

 イタリアのスポーツ紙『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』は、ヤマハ・モーター・レーシング・マネージング・ディレクター、リン・ジャービスのインタビューを掲載。Monster Energy Yamaha MotoGPが公開したインタビューに関して言及し、バレンティーノ・ロッシ選手の継続参戦希望、ホルヘ・ロレンソ選手の復帰、21年のマーベリック・ビニャーレス選手とファビオ・クアルタラロ選手体制について状況を説明しています。

Monster Energy Yamaha MotoGPバレンティーノ・ロッシ選手

 バレンティーノ・ロッシ選手の継続参戦希望について、リン・ジャービス氏は、「ヤマハではバレンティーノの継続に関して内部で協議を進めています。早い時期に彼とも話し合いたいです。我々は将来を見据えて始動すべき時期に入り、彼の当初のアイデアは、序盤5戦、6戦後に来年の去就を決断することになっていましたが、そのシナリオでは10月まで延びてしまうかもしれません。そこまで待つことは困難です。

 唯一のオプションはPETRONAS Yamaha Sepang Racing Teamです。ライダーの決定は、ライダーを選択するペトロナスとそれを承認するヤマハとの間で合意が必要となります。ペトロナスの予算で方向性を決めることから、チーム代表であるラズラン・ラザリと協議します。

 私はバレンティーノにもう1年続けてもらいたいです。彼のようなチャンピオンが僅か数戦で、無観客レースでキャリアを終えしてしまうのは正当ではありません」

 ホルヘ・ロレンソ選手の復帰については、「彼がバレンシアで引退を発表した数分後、ヤマハに加入するようにメッセージを送りました。我々の関係は長く、チームから離れた後も常に維持していました。引退には驚きませんでしたが、彼を加入させることにトライしました。ザルコとも交渉していましたが、そのとき話し合いは止まっており、我々はテストのために、最高のライダーを起用したかった。ロレンソと我々との契約期間は1年です。

 セパンのテストでは、ヤマハとの再会に役立ちました。日本でのテストが予定されていましたが、キャンセルとなり、彼は混乱しました。テストなしでレースに復帰すべきかどうか決めるのは難しいです。当初はバルセロナでワイルドカード参戦を予定していましたが、今ではワイルドカード自体が許可されるのか分かりません。

 私がマネージメントを担当しなので、ロッシとロレンソが一緒になるとことは興味深いですが、実現は難しいです。ペトロナスの主な目的は、若い世代の育成であり、私個人としてはフランコ・モルビデリのことを気に入っている。他のチームも注目していますが、ヤマハに残留することを期待します」

2021年チームメイトとなるマーベリック・ビニャーレス選手とファビオ・クアルタラロ選手

 マーベリック・ビニャーレス選手とファビオ・クアルタラロ選手体制について、「マーベリックを納得させることは難しくなかったです。重要なのは、彼を中心とした計画を固めることでした。当初、クアルタラロとバレンティーノに関して協議しましたが、100%我々のプロジェクトを説明することができませんでした。重要なことは、クアルタラロがヤマハにとって将来を代表する存在になることであり、理解してくれました。

 21年体制が組めて嬉しいです。クアルタラロは速くて若い、マーベリックは経験があります。マルケスに挑む最も強力なペアです。我々の使命はレースで走ること。勝つために走ります。それは、ソフトウェア、ハードウェア、ライダー、メカニック全てを使用することで最高の力になります。ヤマハがチャンピオンシップを獲得するときです」と語っています。

※ ※ ※

 ヤマハは、1月28日にマーベリック・ビニャーレス選手との契約を更新、29日にファビオ・クアルタラロ選手の起用を発表。ファクトリーチームの21年と22年の体制が決定すれば、同日にはロッシ選手との間で21年以降のレース計画について、シーズン半ばに最終的な決断を下すことで合意。継続参戦する場合には、技術支援を約束しています。

Monster Energy Yamaha MotoGPは、ロッシ選手とビニャーレス選手のインタビューを公開しました

【了】

MotoGP2021年ヤマハ体制の画像を見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事