ドゥカティ「ディアベル1260 Red」発売 新しいドゥカティ・レッドとホワイト・トリムを採用した大型ネイキッド

ドゥカティは大型のネイキッドモデル「ディアベル」シリーズの最新車両「ディアベル1260 Red」を発売します。新型モデルでは新しいドゥカティ・レッドとホワイト・トリムを採用し、よりスタイリッシュな外観とされました。

上質なイメージを高める新しいドゥカティ・レッド

 ドゥカティ・ジャパンは、大型のネイキッドモデル「Diavel(ディアベル)1260 Red」を2020年5月15日に発売します。

5月15日に発売されるドゥカティ「Diavel(ディアベル)1260 Red」

 エミリア・ロマーニャ語ボローニャ方言で「悪魔(イタリア語ではディアボロ)」という意味を持つDiavelをモデル名に掲げる同モデルは、2011年に登場した個性あふれるネイキッドモデルです。

 パワフルでマッスルなイメージでありながら、俊敏なコーナリングを可能にするDiavelは、心臓部に最高出力159ps/9500rpmを発揮する排気量1262ccのテスタストレッタDVT 1262エンジンを搭載。240mm幅の極太タイヤや最新の電子制御の採用により、強力でありながら扱いやすい特性とされています。

 新たに発売されるDiavel 1260 Redは、Diavelシリーズの最上級モデルDiavel 1260 Sをベースにしたもので、新しいドゥカティ・レッドとホワイト・トリムを採用することで上質さとスタイリッシュさの双方を向上させています。

 その他、カーボンファイバー製のパーツや繊細なステッチが施されたプレミアム・シートを採用したDiavel 1260 Redの価格(消費税込)は283万7000円となっています。

【了】

【画像】ドゥカティ「ディアベル1260 Red」の画像を見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事