KRTジョナサン・レイ選手がSBKのライダーやMotoGP参戦について語る

SBKで5度のチャンピオンを獲得しているジョナサン・レイ選手が、トプラック・ラズガトリオグル選手との関係、チームHRCへ移籍したバウティスタ選手、そしてMotoGPについて語った。

KRTのジョナサン・レイ選手語る!

 Kawasaki Racing Teamジョナサン・レイ選手は、PATA YAMAHA World SBKトプラック・ラズガトリオグル選手、2020年にチームHRCに移籍したアルバロ・バウティスタ選手、そしてMotoGPへ移籍の可能性ついて語りました。

Kawasaki Racing Team ジョナサン・レイ選手

 グリッド上のすべてのライダーはグリッド上で友情を育み、5度のチャンピオンを獲得したレイ選手も例外ではありません。グリッド上の他のイギリス人ライダーとどのようにして仲良くしているのかと尋ねられたとき、レイ選手はこう答えます。

「普通の生活をしている時と同じように、他の人よりも仲良くなれる人もいるんだ。現BMW Motorrad WorldSBKトム・サイクスと僕とのライバル関係は常に内輪のものだった。トムはこうしたいと思っていたし、私はこうしたいと思っていた。トムと僕の間では、2人のクルーチーフの間にはライバル心があったんだ。

 ARUBA.IT Racing Ducatiチャズ・デイビスは、昨年のバウティスタを除けば、僕にとって最大のライバルだった。毎週、毎週、彼とタフな戦いをしていると、必ずしも楽なことばかりではない。メディアで話題になったり、大げさなことを言ったりすることもあるが、いつも簡単ではない」と話します。

チームHRCへ移籍したアルバロ・バウティスタ選手(左)、レオン・ハスラム選手(右)

 バウティスタ選手は、ドゥカティでのWorldSBKデビューシーズンを経て、2019年のタイトル獲得に向けてレイ選手に挑戦した後、チームHRCへの移籍を決断した。バウティスタ選手のチームHRCへの移籍について、レイ選手は次のように述べています。

「私のマネージメントは、おそらく毎年ドゥカティと話をしてきたので、チャズがどれだけ良いパッケージを持っているかは知っています。だから、アルバロはライダーの予算の大半を彼に取られているから、おそらく過小評価されていると感じていたと思う。また、HRCと契約して、彼らが本気でやってくれると思わないといけない。2020年には無理かもしれないが、悪い決断ではないと思う」

PATA YAMAHA WorldSBKトプラック・ラズガトリオグル選手

 レイ選手は、トプラック・ラズガトリオグル選手との関係についても語ります。

「トプラクはカワサキのファミリーの中で育って、今はヤマハにいる。彼はスーパーストックでは生粋の才能を発揮していたので、僕は彼に好意を持っている。彼がスーパーストックに参戦した最初の年は、いつも彼を助けてあげていたんだ。彼は本物だ。世界選手権はまだ終わっていないような気がするけど、彼は次のチャンピオンになるような気がする」

2012年MotoGP第13戦サンマリノGPと第14戦アラゴンGPにRepsol Hondaから参戦したレイ選手

 レイ選手がよく聞かれる質問のひとつに、彼とカワサキ、あるいはその両方がMotoGPに参戦するかどうかというものがあります。レイ選手は、2019年シーズンに最高峰クラスへ転向する可能性があったことを明言しています。

「カワサキがMotoGPに戻ることはないだろう。それは夢のようなことだけど、復帰に関して話をしたことがないし、感じたこともない。これまでの選択肢は?正直言ってあまり多くはなかった。『行くべきだ』と人々から何度も同じことを言われ、理想的な世界なら、自ら所属する場所を選びたいけど、過去にはそれほど多くのオプションはなかったし、具体的にならなかった。

 ダニ・ペドロサが引退の話をしていた2018年、確かルマンの週末あたりだったと思うんだけど、パーソナルマネージャーのチャックが僕をレプソルのバイクに乗せようとしていたんだよね–もしかしたらカワサキでの契約が切れていたのかもしれない。それは後回しにされた契約だった。ホンダではホルヘ・ロレンソと交渉していることに気がついた。それ以外では、アプリリアが一度僕に会いに来てくれた。それほど興味があったわけではなかったんだ」と回想しています。

 ジョナサン・レイ選手は、2012年第13戦サンマリノGPと第14戦アラゴンGPにケーシー・ストーナーの負傷代役として2戦に参戦し、8位と7位でフィニッシュしています。

【了】

【画像】ジョナサン・レイ選手を画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事