ドゥカティ「スーパーレッジェーラV4」生産開始 最初の一台がラインオフ

ドゥカティは世界で最も販売されているスーパースポーツ「パニガーレ」シリーズの最高峰モデル「パニガーレV4」をベースにした限定車「スーパーレッジェーラV4」の生産を開始しました。

日本からもオーダーあり!

 イタリアのバイクブランド「Ducati(ドゥカティ)」はエンジニアリング、パフォーマンス、デザインの面で、同社の最高傑作を創り上げるという使命のもと開発された限定車「Superleggera(スーパーレッジェーラ)V4」の生産を開始しました。

カーボン製パーツで超軽量に仕上げられたドゥカティ「スーパーレッジェーラV4」

 イタリア語で“超軽量”の意味を持つ「スーパーレッジェーラ」を車名に冠した同モデルは、カーボンファイバー製のフレーム、スイングアーム、ホイールを備えることで車重159kg(パニガーレV4よりも16kg軽量)を実現した公道走行可能なスーパースポーツモデルです。

 レーシングキットの装着により最高出力234ps(公道走行仕様では224ps)、車重152.2kgに達するスーパーレッジェーラV4に備えられたカーボンファイバー製のフェアリングには、MotoGPで活躍するレース用バイク「デスモセディチGP19」からヒントを得たカラーリングを採用。

 GP19のレッドカラーを基本として、カーボンファイバー素地をあえて露出させることによってコントラストを生み出し、素材感やテクニカル・ディテールを強調しています。

 その他、MotoGP史上最速と言われる2016 MotoGPマシンからヒントを得たバイプレイン(二翼)フロント・ウイングの採用により270km/hで50kgのダウンフォースを生み出すスーパーレッジェーラV4は、500台限定で製造、価格(消費税込)1195万円で日本からのオーダーもあるようです。

【画像】ドゥカティ「スーパーレッジェーラV4」の製造工程を見る(7枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事