若手芸術家Jisbarによる「ドゥカティ・モナリザ」がオークションに 収益は新型コロナウイルス感染症の後遺症患者に

世界のポップアートを先導する若手芸術家のジーン・バプティスト・ローネー(アーティスト名:Jisbar)は、ドゥカティに捧げる有名な「モナリザ」の絵画を制作し、作品をオークションに出品します。

あの名作に若手アーティストの感性をプラス

 世界のポップアートを先導する若手芸術家のジーン・バプティスト・ローネー(アーティスト名:Jisbar)は、ドゥカティに捧げる有名な「モナリザ」の絵画を制作し、作品をオークションに出品します。

世界のポップアートを先導する若手芸術家のジーン・バプティスト・ローネー(アーティスト名:Jisbar)による「ドゥカティ・モナリザ」

 ドゥカティは現在、ボローニャのサント・オルソーラ=マルピーギ総合病院による、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の後遺症に苦しむ患者のためのリハビリテーション・プログラムを支援するため「#RaceAgainstCOVID」という名目で慈善活動を行っています。

 この絵画は、Jisbarによる「モナリザ」シリーズの一部を構成する作品で、レオナルド・ダ・ヴィンチの有名な作品を、想像力豊かでカラフルなスタイルを通じて様々な方法で再解釈したもので、世界のポップアートシーンを先導する若手アーティストの才能が余すところなく表現されています。

 また、「ドゥカティ・モナリザ」の中央にある女性像は、ドゥカティの歴史、モデル、そして有名なライダーの経歴を連想させる視覚およびグラフィック・エレメントに囲まれていますが、Jisbarはこの作品を完成させるため、ドゥカティに対する情熱のすべてを注ぎ込み、ドゥカティが開始したイニシアチブである「#RaceAgainstCOVID」を支援するために、無償での提供を申し出ましたといいます。

 なお、141x106cmのキャンバスに描かれたアクリル画の「ドゥカティ・モナリザ」は、「Cambi Auction House」が7月16日に開催するオークションに出品され、収益は「#RaceAgainstCOVID」に寄付されます。

【了】

【画像】「ドゥカティ・モナリザ」とドゥカティのバイクの画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事