スーパーバイク世界選手権 最終戦をポルトガル・エストリルサーキットで開催 第8戦ミサノは中止に

FIM(国際モーターサイクリズム連盟)とドルナスポーツは、2020年シーズンのスーパーバイク世界選手権(SBK)第8戦ミサノラウンドの開催を中止すると共に、ポルトガルのエストリルラウンドを追加することを発表した

最終戦はポルトガルで開催

FIM(国際モーターサイクリズム連盟)とドルナスポーツは、2020年シーズンのスーパーバイク世界選手権(SBK)において、第8戦ミサノラウンドの開催を中止することと、ポルトガルのエストリルラウンドを追加することを発表しました。

新たなスケジュールが公表されたSBK2020年シーズン

 全13戦のスケジュールが予定されていたSBK2020年シーズンは、新型コロナウイルスの影響により2月28~3月1日の第1戦オーストラリア以降は延期・中止が繰り返されてきました。

 現在ではスケジュールを変更し、7月31~8月2日に第2戦ヘレス、8月7~9日の第3戦ポルトガルまでの3戦が行われています。

 今回新たに追加されたレースは過去にMotoGPやSBKが行われていたポルトガルのエストリル・サーキットで行われるもので、10月16~18日に第8戦としてシーズンの最後を飾るレースとなります。

 今回の発表に際し、FIM会長のホルヘ・ビエガス氏、エストリル・サーキットの会長であるハイメ・アンドレス氏、SBKエグゼクティブ・ディレクターであるグレゴリオ・ラヴィラ氏は次のようにコメントしています。

■FIM会長/ホルヘ・ビエガス氏
「ポルトガルで第2戦を開催することができたこと、また、1988年と1993年に開催されたこの非常に競争力のあるチャンピオンシップを開催してきたサーキット・エストリルにSBKが戻ってくることを嬉しく思っています。2020年の最終戦をポルトガルで開催することができたDorna WSBK Organization(DWO)、Circuito Estoril、ポルトガル連盟に感謝の意を表したいです」。

■エストリル・サーキット会長/ハイメ・アンドレス氏

SBK2020年シーズン最終戦が行われるスペイン・エストリル・サーキット

「SBKがエストリルで開催されることを大変嬉しく思います。この大会は、1988年と1993年にも開催されているように、エストリルにとって新しい大会ではありません。特に3日間の穏やかで快適な天候と、サーキットの暖かい歓迎とプロフェッショナリズムの文化があれば、チームはエストリルのサーキットで素晴らしい経験をすることができると確信しています。

 私は主催者を祝福するとともに、すべての競技者がこの3日間で成功することを祈るとともに、このイベントが2020年、そして次の年にこのスポーツを大いに促進することに貢献することを願っています」。

■SBKエグゼクティブ・ディレクター/グレゴリオ・ラヴィラ氏
「ポルトガルでの第2戦がカレンダーに追加されることは、イベリア半島、特にポルトガルにおけるSBKの成長にとって非常に重要です。ほとんどのチームがこのコースを訪れたことがないため、多くのチームに挑戦の機会を与えることになり、選手権に新たな活力をもたらしてくれるでしょう。2020年のカレンダーに参加したいというFIMとサーキットの協力に感謝したいです」。

※ ※ ※

 なお、ポルトガルでシーズン中に2戦が開催されるのはSBKの歴史で初の出来事となります。

■2020年SBK開催スケジュール(8月18日発表時点)
第1戦/オーストラリア/フィリップ・アイランド・サーキット/2月28~3月1日
第2戦/ヘレス/ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト/7月31~8月2日
第3戦/ポルトガル/アウトドローモ・インターナショナル・アルガルベ/8月7~9日
第4戦/アラゴン/モーターランド・アラゴン/8月28~30日
第5戦/アラゴン/モーターランド・アラゴン/9月4~6日
第6戦/カタルーニャ/カタロニア・サーキット/9月18~20日
第7戦/フランス/マニクール・サーキット/10月2~4日
第8戦/ポルトガル/エストリル・サーキット/10月16日~18日

【了】

【画像】現在のトップ争いはこの3人!(7枚)

画像ギャラリー

最新記事