カワサキ「Z125 PRO」2021年モデル登場 グラフィック&カラーの変更でイメージを一新

カワサキはネイキッドモデル「Z」シリーズの最小排気量車「Z125 PRO」の2021年モデルを発売します。新型モデルでは新しいグラフィックとカラーを採用し、イメージを一新しています。

最小の「Z」がグラフィック&カラー変更

 カワサキはネイキッドモデル「Z」シリーズの最小排気量車「Z125 PRO」の2021年モデルを2020年10月1日に発売します。

カワサキZ125 PRO」2021年モデル(パールナイトシェードティール)

 スーパーネイキッドZシリーズの中で最も軽くコンパクトな車体を持つZ125 PROは、排気量124ccの単気筒エンジンを搭載した原付二種モデルです。

 倒立フォークやオフセットレイダウンリヤサスペンション、前後ペタル(花びら型)ブレーキディスクなどパフォーマンスを重視した本格装備を備えるZ125 PROは、高回転域までスムーズに吹け上がるエンジンにおより、機敏な走りと優れた燃費性能を両立。

 Zシリーズらしいシャープでスポーティな走りを連想させるアグレッシブなデザインも特徴の一つとなっています。

カワサキZ125 PRO」2021年モデル(メタリックフラットスパークブラック)

 メタリックフラットスパークブラック、パールナイトシェードティールの2色展開となるカワサキ「Z125 PRO」2021年モデルの価格(消費税込)は、35万2000円となっています。

【了】

【画像】カワサキZ125 PRO」2020年と2021年モデルの違いを画像で見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事