ドゥカティとモーターバレー・デベロップメントが協力 MotoGPの2連戦で、エミリア・ロマーニャ地域のプロモーション活動を展開

ドゥカティは、9月11~13日にミザノ・ワールドサーキットで開催される2020 MotoGP第7戦、第8戦でドゥカティ・チームのアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手とダニーロ・ペトルッチ選手が駆るデスモセディチGP20のフェアリングに、モーターバレー協会のロゴを配置します。どのような意図があるのでしょうか。

世界にも類を見ないパートナーシップを強化

 ドゥカティは、9月11~13日にミザノ・ワールドサーキットで開催される2020 MotoGP第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPと、同サーキットで9月18~20日に開催される第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPにおいて、ドゥカティ・チームのアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手とダニーロ・ペトルッチ選手が駆るデスモセディチGP20のフェアリングに、モーターバレー協会のロゴを配置します。

MotoGP2020年シーズンに参戦するアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手

 モーターバレーは、2輪および4輪メーカーの一流ブランド、プライベート・コレクション、(ミザノ・ワールドサーキット・マルコ・シモンチェリを含む)国際的なサーキット、専門のトレーニング・センターの集合体から構成される世界にも類を見ないパートナーシップです。
 
 これらの企業や施設を束ねるモーターバレー協会は、エミリア・ロマーニャ州と協力して、観光面から、この長い歴史を誇る地域のプロモーション活動や歴史的遺産をさらに強化する活動を行っています。

 ドゥカティは、今回の取り組みにより、モーターバレー協会が実施する活動に対する協力およびサポート体制をさらに強化することになります。
 
 なお、ドゥカティ最高経営責任者(CEO)であり、2019年にモーターバレー協会の会長に就任したクラウディオ・ドメニカーリ氏は次のようにコメントしています。

ドゥカティ最高経営責任者(CEO)であり、2019年にモーターバレー協会の会長に就任したクラウディオ・ドニカーリ氏

「ヴィア・エミリアは、豊かな歴史と感性豊かな人々を特徴とする、世界でも類を見ない地域です。この地域には、一流ブランドが集結し、そのユニークな製品を通してイタリアン・エクセレンスを世界に示してきました。

 ここでは、夢が現実へと変わる瞬間を目の当たりにすることができます。モーターバレーでは、卓越した能力、革新的技術、美しさに対する愛情、情熱、そして何より地域との強い絆という共通の価値観が貫かれています。この価値観は、この地域の観光を強化して促進する重要な原動力となっています。

 パートナー企業の協力を得て、私たちは、モーターバレー協会の素晴らしい組織とメンバーに再びスポットライトを当てるため、デスモセディチGP20のフェアリングに、モーターバレーのロゴを配置することを決定しました。
 
 この地域では、エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPとして、1シーズンに2度のMotoGPが開催され、F1世界選手権は14年ぶりにイモラ・サーキットに戻ってきます。この特別な年に、私たちは、これらのイベントを通して、自動車業界に対する地域の力強いサポートを示したいと考えています」。
 
※ ※ ※

 6戦を終え、コンストラクター2位につけるドゥカティが今後そのような結果を残すのか、注目が集まります。

【了】

【画像】ドゥカティ・ライダー華麗な走りを見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事