秋の夜長のお供にセクシーなハーレーはいかが? 21サヴェージ「Motorcycle」

アトランタを拠点に活動するラッパー21サヴェージの「Motorcycle」は、艶消しのハーレーダビッドソンとJazzyなピアノフレーズが秋の夜長にリラックスできる時間を提供してくれるMVです。

秋の夜長にピッタリのリラックスできる楽曲

 今回ご紹介するのは、アトランタを拠点に活動するラッパーの21サヴェージが2016年に発表した「Motorcycle」です。21サヴェージは、21歳の誕生日にドラッグの取引の失敗で親友を殺され、自分も銃弾を浴びながらも奇跡的に生き延びたことから人生を変えるためラップをはじめました。

21サヴェージの「Motorcycle」は、2016年に発表されたJazzyな曲です

 それからわずか2年後の2015年に発表されたミックステープ「Slaughter King, Vol.1」がヒット、同年にポスト・マローンの世界的大ヒットシングル「Rockstar」に客演、作詞を担当したことで一躍トップスターの仲間入りを果たしました。

 そして今年、2020年のグラミー賞では、自分を含む多くの黒人たちの過酷な状況を淡々とラップした楽曲「a lot」で最優秀ラップ楽曲賞を獲得し、さらに7月にはコロナ禍で家にいる子供たちに経済や財務管理を無料で教えるプログラムをオンライン上で公開したりするなど、いま一番忙しく活動しているラッパーのひとりと言えるでしょう。

つや消しブラックにカスタマイズされたハーレーダビッドソン

 そんな彼の出世作「Slaughter King, Vol.1」からシングルカットされた「Motorcycle」は、Jazzyなピアノフレーズがループするトラックの上に、単純な言葉が何度も繰り返しラップされ、だんだんその中毒性から抜けられなくなる彼特有のスタイルがよく表れています。

 MVはアメリカのヒップホップ動画専門サイト「World Star Hiphop」の独占で制作され、21サヴェージと当時交際していたとされるシカゴ出身のフィメールラッパーDreezy、そして主役級に存在感のあるハーレーダビッドソンが登場します。薄暗いガレージの中で、ライトアップされてうやうやしくディスプレイされているハーレーは、つや消しブラックにカスタマイズされており、そのオーラに思わず目が釘付けになります。

21サヴェージとフィメールラッパーDreezyがハーレーと共演

 21サヴェージは公にバイク好きを表明しているわけではありませんが、CDジャケットやアーティスト写真にバイクが使われていたり、ホンダのバイカージャケットを着用していたりするので、生粋のバイク好きなのではないかと推測できます。そう考えると、MVの中に登場するハーレーがファッションモデルの撮影かのように様々なアングルからやたらと艶っぽく撮影されていることにも納得がいきます。

 ストリートのギャングとして生きてきたハードな生い立ちのせいもあってか、いつもはシリアスな表情が多い21サヴェージも、この曲ばかりは大好きなバイクとバイカースーツに身を包んだかわいい彼女に囲まれて、いつもよりもリラックスしたやわらかな表情を見せています。

Jazzyなフレーズが秋の夜長にオススメです

 セクシーなムードを醸しつつもリラックスして聴ける、夜にぴったりの「Motorcycle」は、これから夜の時間が長くなる季節にお勧めです。一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

【画像】21サヴェージの「Motorcycle」を画像で見る(5枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事