トライアル界のレジェンド二人が2021年シーズンに挑む

2021年シーズンのホンダ新チームが正式に発表されました。レプソル・ホンダ・トライアル・チームは、トニー・ボウ選手と藤波貴久選手で15年目のシーズンに挑みます。

トライアル界のレジェンド二人には死角なし

 グローバル・ホンダ・ネットワークを通じて放送されたワールドワイド・プレゼンテーションでは、レプソル・ホンダ・トライアルチームのトニー・ボウ選手と藤波貴久選手が、MotoGP、WorldSBK、耐久、チームアジア、モトクロス、ラリーと様々な選手権に参戦しているファクトリーホンダHRCライダーたちと一緒にネット中継に参加しました。

ネット中継に参加したレプソル・ホンダ・トライアルチームのトニー・ボウ選手

 トライアル界のレジェンドである2人は、15年連続でレプソル・ホンダ・チームのカラーを背負い、トライアル世界選手権で200回以上の表彰台と120回以上の勝利を記録している。その中でトニー・ボウ選手は、158回の表彰台と14回の屋外タイトルを獲得し、116回の屋外での勝利を記録している。また、インドアにおいては、6回の優勝と14回の世界タイトルを獲得している。

 2021年シーズンは藤波貴久選手の26年目のシーズンです。1996年の世界選手権デビュー以来、藤波選手は22シーズンに渡ってトップ5入りを果たし、2004年には世界選手権のタイトルを獲得しています。

■トニー・ボウ選手

Repsol Honda Team トニー・ボウ選手

 時間はあっという間に過ぎていきます。チームとともに戦って15年目のシーズンを迎えましたが、素晴らしいですね! 14年連続でダブルタイトルを獲得し、他に言うことはありません。私たちは夢に向かって生きているし、この困難な時期にもこの道を歩んでいかなければなりません。2021年がより平年並みの年になることと、COVID-19ワクチンで問題が解消されることを期待しましょう。私たちは普通のシーズンを過ごしたいと願っています。

■藤波貴久選手

Repsol Honda Team 藤波貴久選手

 ホンダと26年間戦ってきて、世界最高峰のチームでもう1シーズン続けられたことをとても嬉しく思っています。これ以上のことはありません。トニー・ボウ選手と一緒にこの数年間、僕らは世界最高のバイクを作るために取り組んできました。苦い味を残した2020年の非常に奇妙な1年を経て、2021年は新たな挑戦になります。通常のシーズンであれば、もっと良いポジションで1年を終えることができるだろうと思っています。

【了】

【画像】レプソル・ホンダ・トライアル・チームの画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事