愛車も成約! 2021年はレースにもチャレンジ? ~リターンライダーKANEKO’S EYE~

クルマ業界に25年以上携わる金子陽一さんは、ドライビング・インストラクターや自動車に関する研修トレーナーを生業としていますが、数年前には大型免許を取得しリターンライダーとしてバイク乗り復活を果たしました。金子さんは2021年、どのようなことに注目しているのでしょうか。

上手いライダーを目指して

 実はこの原稿の依頼をいただいたタイミングとほぼ同時期に、いよいよ自身のバイクを成約いたしました。コロナのことなどもありましたが、なんだかんだ購入までに1年半! やっと悲願の自分のバイクです!

ドライビング・インストラクターや自動車に関する研修トレーナーとして活躍する金子陽一さん。年末には自身のバイクを成約しています

 詳細などは今後のコラムで展開させていただこうと思っていますが、今年はそのバイクでいろんなことを学びたいと考えております。アフター展開されているパーツなども確かめてみたいですし、自分なりのカスタマイズも進めて行ければと考えています。また自身のバイクがあるからこそ、大好きなウェア関連にももっと注目できますし、自分なりのスタイルの表現にもどんどんチャレンジしてみたいと思っています。あー、もうそう考えるだけでワクワクして来ます!
 
 また「バイクのニュース」撮影時など、ご一緒させていただける皆さんから、ライディングなどについての話を聞かせていただいたり、日々イメージトレーニング、乗れた時には実践をして参りました。そして昨年は「Moto GP」「全日本ロードレース」を全戦中継観戦するなど、やはりライディングに対しての意識が今まで以上により高まって参りました。
 
 ですから、今年はライディングレッスンやサーキット走行にもチャレンジしてみたく、実は現在すでに、いろいろ調べてみたり、必要な装備品などのチェックをしはじめております。

サーキット走行に必用な装備などのチェックを開始した金子陽一さん

 そして実はこれ、4輪の時も同じ流れでした。自分がトップレーサーを目指し自動車レースに挑戦していた時、仲間のドライバーでは2つの傾向に分かれることを感じました。それは、「もともとクルマが大好きでレースを初めたドライバー」と、「人と競争するのが好きでレースを初めたドライバー」の2つです。自分は前者の方で、スーパーカーに憧れて、そのスーパーカーを「上手く、カッコよく走らせる!」ということの延長線上でレースがありました。
 
 今、バイクにおいても同じ気持ちです。さすがに本格レースは厳しいですが、「上手いライダー」に少しでも近づけるように、サーキット走行も視野に入れて、よりライディング、バイクを楽しんでいきます!

【了】

【画像】大型モデルで走行する金子陽一さんの画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

Writer: 金子陽一

トップドライバーを目指し自動車レースに参戦。幾度かの資金難から挫折しかけたところをチューニングカー雑誌の編集部に拾われ、タイムアタック/レポートドライバーを担当。現在、それらの経験を活かし自動車ブランドが開催するドライビングレッスンのインストラクター、そして販売店スタッフ向けの研修トレーナーとしても活躍中。学生時代に乗っていたバイクからはしばらく離れていたが、近年、最新バイクの進化、またバイクを取り巻く最新アイテムの進化に感動しバイク熱が復活。大型自動二輪免許も取得。クルマで経験してきたセンサーを活かして「バイク」「ブランド」「アイテム」「こだわり」など、最新のバイク界をピュアな目線でレポートする。

最新記事