アプリリア「トゥオーノ660」発表 ウェブサイトでその姿を公開

ピアッジオグループジャパンは、イタリアのバイクブランド「アプリリア」の最新モデル「TUONO(トゥオーノ)660」をウェブサイト上で公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

カウル付きでもアップライトなポジションで快適性を向上

 ピアッジオグループジャパンは、イタリアのバイクブランド「アプリリア」の最新モデル「TUONO(トゥオーノ)660」をウェブサイト上で公開しました。

アプリリア「TUONO(トゥオーノ)660」

 アプリリアは、これまでにも「RSV4 1100 Factory」をベースにした「Tuono V4 1100 Factory」を発売するなど、スーパースポーツと平行してネイキッドモデルの開発に力を注いできましたが、新たに公開されたトゥオーノ660もそうした流れから誕生した新型モデルです。

 スーパースポーツモデル「RS660」と多くの技術面を共有するトゥオーノ660では、最高出力95馬力を発揮する排気量660ccの2気筒エンジンを搭載。車両重量183 kgと軽量な仕上げとすることで優れた走行性を実現しています。

アプリリア「RS660」

 エアロダイナミクス機能を備えた特徴的なダブルフェアリングを採用することで、高速での安定性を強化するとともに、エンジンからの熱い空気の流れをライダーからそらすことを可能にしたトゥオーノ660は、カウルを備えながらアップライトなポジションとすることで街乗りから峠道、高速道路と様々なシチュエーションで快適な乗り心地を与えてくれます。

 そのほか、トゥオーノ660ではDRL(デイタイム・ランニング・ライト)を搭載したトリプルLEDヘッドライトやマルチレベルトラクションコントロール、ウィリーコントロール、クルーズコントロール、エンジンブレーキ、選択可能なエンジンマップ、そしてABSシステムを含むAPRC電子制御システムなど、最新の装備がふんだんに盛り込まれています。

 なお、ピアッジオグループジャパンによるとコンセプトブラック、イリジウムグレー、アシッドゴールドの3色が用意されたトゥオーノ660の日本導入時期については現状、未定となっています。

【了】

【画像】アプリリア「TUONO(トゥオーノ)660」の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事