スズキ「GSX-S125」2021年モデル登場 装備重量133kgの軽量な原二ストリートスポーツモデル

スズキは、アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特長とするスポーツバイク「GSX-S」シリーズの最小排気量モデル「GSX-S125 ABS」の2021年モデルを発売します。新型モデルでは新しいグラフィックを採用した2色のボディカラーが用意されています。

シンプルなカラーリングでシルエットを強調

 スズキは、アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特長とするスポーツバイク「GSX-S」シリーズの最小排気量モデル「GSX-S125 ABS」の2021年モデルを2021年1月18日に発売します。

スズキ「GSX-S125 ABS」2021年モデル(タイタンブラック)

 2017年10月に登場したGSX-S125 ABSは、スズキの国内向け125ccバイクとしては初採用となるABSを標準装備し、「GSX-S」シリーズ共通イメージの低く構えたアグレッシブなスタイリングを採用した原付二種スポーツモデルです。

 アップハンドルによる前傾の少ないライディングポジション、785mmのシート高、車体重量133kgの軽量スリムなGSX-S125 ABSは、日常での扱いやすさや良好な足つき性も兼ね備えています。

 また、低く前方へ突き出したLEDヘッドライトは、一目では気付きにくい縦2灯式とすることでスズキのアイデンティティを主張。ラジエーターシュラウドと燃料タンクに一体感を持たせ、アンダーカウルを装備することでコンパクトながらボリュームのあるデザインとし、サイレンサーには2つの排気口を設けたデュアルタイプマフラーが装備されています。

 搭載される排気量124ccの水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブエンジンは、最高出力11kW/10000rpm、最大トルク11N・m/8000rpmを発揮し、6速マニュアルトランスミッションを組み合わせることでストリートでのエキサイティングな走りを実現するものとしています。

 そのほか、GSX-S125 ABSではスタータースイッチを押し続けずにワンプッシュでエンジンを始動できる「スズキイージースタートシステム」を採用しており、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能です。

 2021年モデルとしてタイタンブラックとトリトンブルーメタリックの2色のボディカラーが用意されたGSX-S125 ABSの価格(消費税込)は38万2800円となっています。なお、GSX-S125 ABSの製造はスズキ株式会社のインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社によって行われます。

【了】

【画像】スズキ「GSX-S125 ABS」2021年モデルと2020年モデルを比較(8枚)

画像ギャラリー

最新記事