KTM「1290 SUPER ADVENTURE S」新時代のデザインと革新的なテクノロジーを搭載した2021年モデル公開

オーストリアのバイクブランド「KTM」は、大型アドベンチャーモデル「1290 SUPER ADVENTURE S(スーパーアドベンチャー・エス)」の最新モデルを公開しました。どのような進化を遂げたのでしょうか。

ユーザーの声をフィードバックした最新鋭の高性能アドベンチャー

 オーストリアのバイクブランド「KTM」は、大型アドベンチャーモデル「1290 SUPER ADVENTURE S(スーパーアドベンチャー・エス)」の最新モデルを公開しました。

KTM「1290 SUPER ADVENTURE S」最新モデル

 1000ccを超えるKTM ADVENTUREの第3世代モデル「1290 SUPER ADVENTURE S」は、オーストリアのマッティヒホーフェンで生産されているアドベンチャーバイクの中で最もスポーティで先進的な技術を備えたモデルで、人間工学に基づき、あらゆる地形での快適性を追求し、多目的スポーツツアラーの利点を提供するために開発されたハイパフォーマンスアドベンチャーバイクです。

 新型1290 SUPER ADVENTURE Sでは、ハンドリングの向上に重点を置き、重量配分と走りの俊敏性をさらに向上。ステアリングヘッドを15mm後退させ、エンジンのフロント部を再配置することで、よりシャープなコーナリングフィールを実現しています。

KTM「1290 SUPER ADVENTURE S」最新モデル

 また、長めのオープンラティス・スイングアームを採用することで、加速時の安定感を向上させたほか、耐久性や実用性を犠牲にすることなく低いシート高を実現するサブフレームも採用されています。

 キーレスキャップ式の23リッター燃料タンクやボディワークを採用し、俊敏性を高めた新型1290 SUPER ADVENTURE Sでは、ライディング感覚を妨げないように、1cm単位で解析されたパネリングを採用。長距離走行時での快適性を高めるために採用された2層構造の新型シートは20mmの調整が可能といいます。

エンジンの冷却性向上と最新の電子制御

 新型1290 SUPER ADVENTURE Sのエンジンにおいては、最高出力160psはそのままに、薄型化されたエンジンケースと新しいオイル回路により-1.6kgの軽量化を達成。新しい冷却システムによりユニット全体の冷却性を向上させると共に再設計されたボディワークと連動して、ライダーの足元から暖かい空気を逃がすよう配慮されています。

KTM「1290 SUPER ADVENTURE S」最新モデル。最新の電子制御やサスペンションなどが採用されています

 なお、新型1290 SUPER ADVENTURE SではBosch製の最新コーナリングABSとオフロードABSシステムを採用。新開発のバルブを採用することで減衰力を向上させ、6Dリーンアングルセンサーがライダーの挙動を直接入力することでライダーの挙動を把握する、新世代のWP APEXセミアクティブテクノロジーを採用したサスペンションも標準装備されています。

 新型1290 SUPER ADVENTURE S公開に際し、KTMプロダクトマネージャーのヨアヒム・ザウアー氏は次のようにコメントしています。

「2021年モデルのKTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、どんな地形でも他に類を見ないライディングの楽しさを提供するようにデザインされたスポーティなバイクです。このモデルにより、KTMはストリートやグラベルの冒険家のための第3世代の大型トラベルエンデューロバイクに参入しました。

 市場からのフィードバックを収集し、ライダーのフィーリングと人間工学の向上に焦点を当て、アダプティブクルーズコントロールなどのKTM流の画期的な進歩を導入しました。KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sのスリリングなパフォーマンスを体感するためには、数時間も離れた場所での走行が理想的だと考えてください。
 
 新世代モデルは、オリジナルのKTMのDNAを継承しつつ、高いパフォーマンスを発揮します」。

※ ※ ※

 KTMの発表によると、2021年3月より世界各国(北米を除く)のKTMディーラーで販売されるという新型1290 SUPER ADVENTURE S。最新のアドベンチャーモデルがどれほどの実力を備えているのか気になるところです。

【了】

【画像】KTM「1290 SUPER ADVENTURE S」最新モデルの画像を見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事